アーグラー到着(03/23 Tue)

今朝の深夜、列車はあまり遅れることなくアーグラーの駅に到着。
まだ早いのにホームに客引きが数人待ち構えていた。
とりあえず待合室に逃げ込み、少し寝た。
AM6時頃に行動を開始したが、駅と観光場所が遠く、次の列車の予約がしたかったので予約窓口が開く8時までもう一度寝た。今度は横になって寝てやった。

朝8時、早速あさっての夜行を予約した。またRACとかいうキャンセル待ちのステータスになっていたが。大丈夫だろう。
今思えば明日の夜で十分だったかもしれない。

この駅にはプリベイドリクシャのシステムがあった。有名なタージマハル周辺まで52Rsだ。
寄ってくるリクシャの言い値は80とかだったのでプリベイドを使った。
それでもガス代がほしいとか最近高いとか訳の分からん事を言っているので分からないフリをした。じっさい訳分からん。
インド政府よ。プリベイドのシステムはイイがもっと頑張って規制してくれ。リクシャはインド旅行で一番面倒だ。

 

タージマハルの南門近くに到着。適当にホテルを選んだ。今回は「Saii Palace」というホテルの200Rsのシングルだ。
どこもカジュラーホに比べて大分クオリティが低い。デリーに近い感じだ。あれよりはマシだが。

Dscf1982

ホテルの屋上からはタージ・マハルが良く見える。インド最大の観光地だ。
屋上で朝ごはんを食べ、ホテルで休んだ。
と思ったら夕方になってしまった。やっぱりあさっての電車を取ってしまったのが失敗だ。だらだらしてしまう。
買い物に出かけた。サイクルリクシャが10でRsでバザールまでつれてってやるといったので乗ってみた。
安いので変な店につれて行かれると思ったけれどそうでもない。でも連れて行かれたところはあまり大した店が無いのでホテル周辺に戻る事にした。

昼食を取った。タンドリー・チキンが食べてみたかったので注文してみた。

Dscf1984

まあ、普通のチキンだ。別に悪くない。(110Rsくらい)

Dscf1985地元色あふれる市場を通ってホテル周辺に戻った。
子供がかなりしつこくついてくる。リックをやたら触るのでうっとうしい。
チャックが開いていてボールペンが消えていたので取られたかもしれない。今までのインド人から考えると信じられないが。

Dscf1997

手回し(?)観覧車

すぐに子供が集まってくるので記念写真みたいになってしまう。したがって風景はあまりとれない。

いつの間にかタージマハルに到着。
その辺の店で大理石のオキモノとかを買った。値段は叩きたい放題で言い値の1/8位になる。
「800Rs」だ。といわれたら、「じゃあいらない~。バイバイ」「いくらなら買う?」「100Rs」「冗談でしょ」「そう。じゃーね」「500だ、250だ、分かった!100だぁ!!」と言う具合にどんどん安くなる。おまけもついてくる。
そんな調子で石のオキモノを4つも買ってしまった。重い。全部で500Rs。日本的な感覚だと破格だろう。(本物だと信じれば)
それでも高いのかもしれないが、冗談で言った金額で買えるならまあ満足だ。いいお土産になるだろう。
これまでももっと色々と買っておけばよかった。重くなったら送ればいい話だ。もったいなかったな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。