サン・ペドロとアティトラン湖(2013/08/15~19)

Dsc00118
美しい景観を眺めながらのんびり過ごそう。

ケツァールを見ることができたビオトポ・デル・ケツァールから一旦シェラに戻って今度はサン・ペドロ・デ・ラ・ラグーナ(以下サンペドロ)へ。

サンペドロはアティトラン湖というカルデラ湖の周りに点在する町の一つ。今回はこのアティトラン湖滞在について。

Dsc00147
四方八方を山に囲まれたアティトラン湖はありそうでない。独特の美しい景観

サンペドロに行く前にサン・マルコス・デ・ラ・ラグーナ(以下サンマルコス)に一日だけ寄った。サンマルコスもサンペドロど同様アティトラン湖のほとりにある町。ここのアジャラという日本人経営のレストランでのパーティに参加する為に来た。

Dsc09941

Dsc09957
ミュージシャンを呼んでのゆったりした雰囲気。深夜にお開きとなったが、僕も含めた何人かは焚き火をしながら朝まで過ごした。

Dsc09948
おいしい日本食が食べ放題。でした。シェラなどで知り合った仲間も多数来ていて楽しい一夜だった。

次の日にサンペドロに移動。アティトラン湖は大きな山に囲まれていて町と町を結ぶ道が発達していない。基本的には船での移動になる。

Dsc00006
こんな船で移動。もちろん地元の人も使う。料金は違うようだが。。

 

Dsc00040
サンペドロの様子(ローカルエリア)

木が多く自然が残されたサンマルコスと違って、サンペドロは思ったよりガヤガヤしている。トゥクトゥクが走り回るのもちょっと印象を悪くした。
何よりもここは宿泊費がびっくりするほど安いということが知られている。下の情報コーナにも書くが、僕が泊まったのは25ケツアール(300円程度)の個室。トイレやシャワーも付いていて十分に綺麗だ。さらにお金を出せば湖が見える部屋の選択もある。
サンペドロにはこのようなコストパフォーマンスの高い宿が多い。経済派の旅行者が長期滞在する理由もわかる。

Dsc00007
朝日が見れる宿の一つ。ペネレウ。上の階に行くほど料金が高い。

Dsc00108
安い部屋も高い部屋もクオリティは似たようなもの。

Dsc00120
湖の景観が美しい。

サンペドロのもう一つの魅力は美しい朝日が見れること。アティトラン湖の南側が見れる西向きの眺めの良い宿からは、真正面から美しい朝日が見れる。

Dsc00021
宿泊したホテル・ペネレウからの朝日。

Dsc00106

眺めがいい部屋からは部屋からの朝日がロマンチック

Dsc00058
パナハチェルへ向かう船から。アティトランの周りには火山がいくつかあってそれがまた美しい。

 

湖をはさんで反対側にあるパナハッチェルはアティトラン湖周辺ではもっとも大きな町。ここにはサンペドロからの日帰りで訪れた。

Dsc00065
パナハッチェル側からは火山が美しく見える。

Dsc00069
メインの目的はお土産。旅行者が訪れる道にはお土産やがあふれている。(ピンボケすみません)

Dsc00126
サンペドロを出るバスから見たサンペドロの町

 

——————–情報コーナー——————————-
★ビオトポ・デル・ケツァール から シェラ
 ビオトポ・デル・ケツァール → サンタ・クルス 乗合バン 1h 10ケツァール
 サンタ・クルス → ウスパンタン 乗合バン 3h 30ケツァール
 ウスパンタン → サカプラス 乗合バン 2h 20ケツァール
 サカプラス → ウエウエテナンゴ 乗合バン 2h 20ケツァール
 ウエウエテナンゴ → シェラ 乗合バン 2h 20ケツァール

★シェラ から サンペドロへ
 シェラ → サン・ペドロ・デ・ラ・ラグーナ チキンバス 30ケツァール
 (サンペドロ手前 → サンマルコス 船 10ケツァール)

サンマルコス宿:パチャママ ツイン個室 35ケツァール/一人
 共同電気ホットシャワー、Wifi無?

サンペドロ宿:ホテル・ペネレウ トイレつき個室25ケツァール
 電気ホットシャワー Wifi遅、眺めにより20~50ケツァールの部屋

サンペドロ → パナハッチェ:ル 船 25ケツァール

※1ケツァール(グアテマラ)=12円
—————————————————————

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。