ティオティワカンのピラミッド(02/19)

Dsc07877
太陽のピラミッドから月のピラミッドを眺めるアベック。

覚えにくい名前の遺跡。メキシコシティから近くにある為、日帰りで行ってきた。メキシコだけどマヤじゃない別の文明。都市が丸ごと遺跡公園として残っている。

遺跡自体は残っているものを修復した(綺麗に固めた)感じで。なんかあまり古さを感じないが、見所はやっぱり巨大なピラミッド。エジプトのものとも違う、なんかSF的なデザインをしている。

バスで着いて入り口から入るとピラミッドがはるか遠くに。。遠い。。

Dsc07846
入り口近くにあるケツアルコアトル神殿。博物館に彩色模型があったやつだ。

たくさん残っている建物を見ながら死者の道をピラミッドに向かって歩いていく。

Dsc07859
道沿いに絵が残っている建物がある。そこはちゃんと屋根で保護されている。

Dsc07864
そしてやっと着いた太陽のピラミッド。かっこいい。が新しく見える。

Dsc07884
エジプトのそれと違って登れる階段がついているのがいい。ちょっと急だけど長い距離ではない。

Dsc07881
頂上から見た月のピラミッド方面。

Dsc07915
そして横っちょの小さな神殿から撮った月のピラミッド。手前の台までしか登れない。

Dsc07902
月のピラミッドの手前の台からみたその横っちょの神殿。右奥に太陽のピラミッドが見える。

Dsc07914
月のピラミッドから見た遺跡全景。まっすぐに伸びる死者の道と太陽のピラミッドが見える。

Dsc07918
かなり修復されているケツアルパパロトル神殿。最近作ったようにぴかぴかだが、壁画が残されていたりする。

出口はピラミッド近くにあって戻らずに良かった。ピラミッドだけならここから入ってもよいだろう。

——————–情報コーナー——————————-

ティオティワカン行きバス:片道40ペソ 約1h

ティオティワカン:57ペソ
 ※メキシコの学生であれば無料

影のない広大な敷地の中を歩くので日焼け対策や水を用意したほうが良い。

※1ペソ(メキシコ)=約7.2円
—————————————————————

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。