ハローカザフスタン。国境~アルマティ 2014/06/30~7/3

4日間(走行4日) 走行384.79km(累計4,999km)

Imgp3303
喜怒哀楽4600km、ついに中国の端まで到達した。

朝10時にオープンの国境に少し前から並ぶ。10数人しか並んでいなかったが、11時近くにやっとオープンしたと同時に周りでぶらぶらしていた人が押し寄せる。
我先へと押しくらまんじゅうでイミグレーションの建物に入る。(自転車とその荷物はしなくていいと言われたが)X線検査を行い、出国審査に並ぶ。これもおしくらまんじゅうで係官は叫びまくっていた。自転車のような大きい荷物は手前において、後で取りに来るようにと指示された。

中国側は問題なく終え、国境地帯を抜ける。この区間はバスに乗るようにとの情報だったが、中国側の若い軍人たちはそのまま走って良いといってくれた。

国境地帯は約2㎞。でもワザと曲がりくねった道路が作られ、10㎞は走った。そしてカザフ側イミグレ。並んでいるバスを尻目に建物へ入る。

ここでも自転車は入国審査場の裏に停めて、審査に並ぶ。並ぶのは短くなかったが、審査はスムーズに済み、バスの中で配られていた(?)らしい入国カードもその場で係官が書いてくれた。

そのあともX線検査も横のゲートを特別に開けてくれてスルー。晴れてカザフスタンに入国。

ようこそカザフスタン。ロバを操る少年からハローと声がかかる。自転車に乗った少年がハローと競争を始める。

Imgp3305
カザフスタンの国旗と同じく青いモスク。カザフ側コルガスは小さな村。
もうちょっと大きな町にはもっときれいなモスクがあった。

Imgp3307
聞いていたけれど、道路はあまり良くないなあ。

Imgp3312
緑が多く景色が良い。それに道端に人のう○こがない。

Imgp3316
川も多く、それは何か安心する。

Imgp3319

2日目に通ったチャリン.キャニオン国立公園。グランドキャニオンのような谷にい一度下ってまた自転車を押すくらいの急坂を登る。谷底には川が流れ、タイミングが合えばキャンプの絶好のポイントだ。

Imgp3326
こんなに緯度が高くても日中は暑く、たくさんの水を必要とする。キャニオン手前のチュンジャの街から約70㎞しばらくは街がない。

キャニオンの後はしばらく砂漠地帯そして軽い登り。。アスファルトが溶けてタイヤにくっつき、向かい風も強くて風の中眠れないキャンプを決行

Imgp3338
カザフ3日目はしばらくぶりの町というよりドライブイン?の、コクペクで食事をとる。

20140702_150517
注文の仕方がわからないので適当に頼む。山盛り羊肉。1000テンゲ(500円くらい)カザフは物価が高い。

20140702_150226
カザフの人はハロー、ハローと中国人みたいにシャイにならない。あと写真に写りたがりの人も多い。意外とニィハオって言われることは殆どなかった。

Imgp3342
そして山地帯に突入し、一気に下る。しばらく走ると後はアルマティまで、割と町が続く。

Imgp3356
町と町の間の草原でキャンプ。

Imgp3364
4日目はアルマティまでひとっ走り。左側に天山山脈の端っこを見ながら進む。

Imgp3358
よりによってイケていないのを撮ってしまったけれど、バス停はなかなか凝っている。

Imgp3368
モンゴルのように何もなかったカザフスタン。アルマティに着くと急に都市らしい町が登場する。交通量も多い。

Imgp3372
先に行ったジョーが見つけてくれたホステルに到着。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。