モニュメントバレー (9/23 Wed)

今日はモニュメントバレーに行きました。
片道3時間強の道のりです!

102_0517

広大な景色を見ながらの快適なドライブでした。

102_0526

砂漠風や、

102_0551

奇妙な岩や、

102_0555

グランキャニオン風の風景などが続いていました。
名前もない自然のオブジェがそこらじゅうに普通にあります。
自分で運転すると、少し走っただけなのに大陸の広さを実感します[E:happy02]

モニュメントバレーに到着しました。

102_0573

Butteと呼ばれる大きな岩のモニュメントがたくさんあります。
壮大かつ幻想的な風景です。

展望台での鑑賞を楽しんだ後、Butteを近くで見るツアーに参加しようと思っていましたが、
自家用車でも行けるようでしたので、車でダート路を走り、バレー内へと進みました。
(車は砂だらけになりました。レンタカーやさんごめんなさいっ[E:sweat02])

102_0626

だから乗用車似合わないって[E:sweat01] 
ココではRV車は凄くかっこよく見えます。

102_0594

巨大なButteを目の前にすることが出来ます。 こいつの名前は「Merrick Butte」かなぁ。

102_0596

こんな車で回るツアーが沢山います。

102_0622

カウボーイ?カッコいい[E:happy02]

102_0644_2

トーテムポールと名の付いたButte

102_0645

102_0664

人の手が入らなくてもこんな芸術的な風景が出来上がるのですね。

102_0624

NAVAJO族の民芸品が露店販売されていました。

102_0749

Dream Catcherという悪夢を捕まえてくれるお守を買いました。結構有名なやつですけどね。たぶん本場の手作り品なんで。バックパックにつけよう。

バレー内のドライブを楽しんだ後、帰途につきました。帰りはグランドキャニオンを経由して帰りました。

102_0693

小さなグランドキャニオンみたいだ。こんな風景が普通にあります。

102_0690

夕日に染まる大地や岩を見ながらのドライブは感動的でした。

地球にとってはなんでもない段差や凸凹が、小さな人に取っては壮大で、人を感動させる。。こんな場所にたくさん訪れてみたいものだと感じました。

この後、グランドキャニオンビレッジで食事を取ろうとカフェに入ったら、昨日YHで知り合ったKさんに会いました。
さらに、玄関で野宿を決め込んだY君とも仲良くなり、しばらく話し込んだ後、YHに戻りました。
話を聞くうちに、色々な旅があるのだな・・と感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。