ラオス国境を目指してウボンラーチャターニーへ (12/11~12)

Dsc06240
ワット・トゥン・シー・ムアンの経蔵殿

アユタヤに戻った翌日午前中に一度駅へ。そこでウボンラーチャターニーヘ行くチケットを購入。
その日はPUゲストハウスでゆっくり過ごす。
夕方バンコクからいろいろ世話になったヨシさん、プーさん、カズキと別れケイスケと寝台列車に乗り込む。
列車は一時間遅れで出発。寝台は今まで見たことない縦一列でカーテンもついていてまあまあ快適だ。

ウボンラーチャターニーについて宿を決め(TOKYO HOTEL:ツインで250B、Wifiあり。お湯なし。綺麗とはいえない)
せっかくなので観光。上写真のお寺など、いくつかを見て回った。
ソンテオ番号付マップをインフォメーションでもらえるので移動は楽だ。ソンテオは乗り合いバスみたいなもんで、一律10Bと安く移動できる。
トゥクトゥクはあまりいないししつこくもない。ツーリストが全くといってよいほどおらず、久しぶりにローカル感満点な町だ。住人にも少し珍しがられる。
町の北にあるバスターミナルにソンテオで行き、ラオス行きのチケットを買おうとするが、当日販売のみで結局買えず。
バスは9時半と15時半、200Bでラオスのパクセーまでいける。

明日はラオスに突入だ[E:bus]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。