リオバンバと悪魔の鼻(10/13~14)

Dsc04049_2
リオバンバ市内中心部外れにある丘、8月21日公園とサンアントニオ教会

リオバンバは標高約2800mエクアドル最高峰のチンボラソ山(6310m)を眺める町である。町自体はそんなに見るところは無い。天気も雲が多い天気でチンボラソ山を見ることが出来る時間は僅かだった。
 この町ではチンボラソを登るガイドを探したが、他にガイドをシェアする登山者が見つからず、高額になることから、一旦断念することにした。

Dsc04045_2
8月21日公園から見るチンボラソ山

「悪魔の鼻」と言う意味のナリス・デル・ディアブロ。アンデスの山岳地帯をかつて走っていたキトからグアヤキルまでの鉄道の内、急勾配を一気に下る箇所が観光用として運行されている。

リオバンバから列車に乗って行ける筈だったが、それも運行されず、現在はバスでアラウシという「悪魔の鼻」に近い町の駅へ行く必要がある。

2つの運行会社があり、値段はぜんぜん違う(下の情報コーナー参照)。安いほうの会社の出発は午前9時のみ。朝にリオバンバを出てギリギリ間に合った。悪魔の鼻のみが目的の場合はアラウシで宿泊すると良いと思う。

Dsc04131
アラウシ駅は小さな駅だ。

Dsc04096
列車というかバスみたい。

Dsc04073
なんでハンドルが必要ないのだろう・・・?

Dsc04052
客は少なく乗車率は半分以下。空いている。安いほうの会社はインフォで案内されていないからなのだろうか?
車内は結構良いシートで十分。昔は天井に乗れたそうだが危険なので止めたらしい。後ろのデッキに出れば風に当たれる。

Dsc04056
岩に囲まれた狭い道を行く。

Dsc04068
悪魔の鼻のポイントに近づくと右側が切れ落ちている。

Dsc04075
下のほうに線路が見える。ここまでスイッチバックしながら降りて行く。

Dsc04125
車掌さんが手際よく降りてポイントを切り替える。

Dsc04087
こちらは(高いほうの)観光列車。車内は豪華っぽかったが行く所もツアー時間もほとんど同じだと思う。

Dsc04100
これが悪魔の鼻と呼ばれる箇所。ジグザクに降りてきた。
降りたところにある駅を通り越してこのビューポイントに来た。

Dsc04116
悪魔の鼻の麓にある駅に戻って休憩。展望台とかちょっとした博物館とかある。

Dsc04110
高いほうの観光列車の人たち向けのアトラクション。一緒に踊りましょ。

もと来た道をふたたび列車は登り、アラウシ駅に到着。
軽く町を見て回った。

Dsc04136
町のシンボルである聖人の像

Dsc04146
像がある丘からの眺めも良い。この町に滞在するのもアリかもしれない。

——————–情報コーナー——————————-

バス プエルトロペス→グアヤキル 4ドル 4.5h
    グアヤキル→リオバンバ   4.5ドル 5h

宿  HOSTAL Nuca-Huasi 無駄に広い個室 トイレシャワー共同 4ドル
 ※シャワー(ぬるい、寒い)、Wifi無
バス リオバンバ→アラウシ 片道2ドル 2h
簡易観光列車 2h
 9:00AM発 6.5ドル
観光列車 2h
 8:00 11:00 15:00発
チンボラソ山登山 2日間(ガイド・用具・食事込み)
 一人250ドル~
 二人以上の場合、180ドル/1人
※1ドル=約80円 (エクアドルは米ドルが標準通貨)
—————————————————————

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。