怪我の功名!? in ジャイサルメール(03/08 Mon)

今日は朝からミスを犯した。
寝坊だ。
5:15分のバスに乗るはずが、5:15に目覚めた。
あきらめてもう一回寝た。

 

出かけるときにもう一泊お願いしますと宿主に言いに行くと。おまえさんなんで居るんだよ。って顔して笑っていた。言わずとも分かったらしい。
まだ涼しいうちに町外れのガディサール湖に向かった。砂漠のオアシスみたいなもんだ。

Dscf1217

ココもプシュカル程ではないが、湖の水が枯れかかっていた。
ちょっとした聖地のようでプシュカルに似ていた。
日陰でボーっとしていると、おじさんが声をかけてくれたので喋っていた。

Dscf1223

インドでは教師と医師が足りないので、ネットを使ったオンライン授業・診療をするプロジェクトがあるらしい。ちょっと関心した。
町に戻りチャーイで一服し、店を冷やかしつつ、一つのハヴェリーに行ってみた。
たぶんPatwon Haveloだったと思う。
町にはこんな装飾が綺麗な家がたくさんあるが、これは特にスゴイ。
ベンチに座って眺めていると、また別のおっさんがやってきてラジャスターン地方(このあたりの事)の見どころについて色々教えてくれた。
ありがたいがインドでは一人でゆっくりは出来ないようだ。

 

Dscf1226

中は博物館として公開されているので入ってみた(120Rs)

Dscf1229

綺麗な部屋が幾つもあった。

 

宿に戻りつつ買い物をした。インド用の電源アダプタを手に入れた(10Rs)
カメラバッグを買おうと入った店でカメラ用の皮ストラップを見つけたので欲しくなって買ってしまった。

Img_0102

おしゃれでいい感じだ。ついでにラクダのチ○コで出来た子巾着をかった。ストラップとあわせて(300Rs)
それにしてもカメラバッグはジャストのものが見つからない。この町の皮ショップは硬いラクダの皮を使っているのでカメラバッグには良いのだが残念だ。

その辺のレストランで食事を取り宿に戻った。インド人ばかりの庶民的なレストランでもホテルの屋上と価格帯変わらなかった。この辺は高いのだろうか・・・
昼寝したりバックパックのポケットを増やすように改造したりした。

Dscf1248

夕食は眺めの良いホテルの屋上で。

バスに乗れなかったお陰でジャイサルメールをゆっくり過ごす事が出来て良かった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。