成都そしてチベットへ(09/29~10/10)

Dsc03353
成都といえばパンダ

Dsc03142
四川料理は見た目にも辛い!?

西安でビザを更新したその日の夜、四川省の成都へ移動。
ここではチベット、そしてネパール行きのツアーを組むことが最優先である。
宿は有名な「Sim’s Cozy Guesthouse」日本語が通じるスタッフがいると思ったらオーナの奥さんは日本人だった。
チベット暴動後である現在は時期が悪く、パーミット無し(通称ノーパミ)でチベット入域、そしてネパールまで抜けることは難しい。
早速掲示板にネパール向けツアーメンバー募集の張り紙を発見。連絡を取り、参加させてもらうことにした。
成都では運悪く10/1から10/7の建国記念日に連なる大連休で、手続き関連のストップで足止めを食らうことに、さらに連休の為、どこへ行っても中国人で激混みという悲惨さ。
結局楽山や九賽溝は断念することになりました。(楽山はビザ延長が一晩でできるのでもし再延長する羽目になった場合に取っておいただけなのだが・・)
一週間以上の間、成都にいたわけですが、町をうろついたりニセiPhone4をいじったり、旅行中にできた友達のいる南充に遊びに行ったり、
あまり観光はしませんでした。ただ、中国に入ってからは唯一の日本人の集まる宿で、たくさんの人々と話や情報交換ができました。

Dsc03236

Dsc03272
誘われていった四川劇はなかなか面白かった。
顔が瞬時に変わるのだ。

Dsc03300
パンダはかわいいなぁ。まるでぬいぐるみ

連休明けの10/8夜、いよいよチベットに向けて出発です!
青海鉄道に乗って44時間、チベットの中心地、ラサへ向かいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。