旅の支度(02/25 Thu)

今日は朝に起きるように努力した。時差ぼけ叩きなおしだ。部屋も暗いので起きにくいが何とか8時に起きた。
取り合えず。もう一回ルートについて悩み、駅に切符を買いに行った。
駅には外国人ツーリスト向けと書かれた切符発券所がある。
エジプトのように割り込みと戦う必要が無いのだ。そこに行くのに嘘つきインド人と戦う必要があると聞いていたが。全く素通り。
予約フォームに行き先とかを書いて順番に並ぶ。

並ぶ文化ってすばらしい。なんて楽なんだ。

横に並んだのが偶然日本人だった。2人もいたが2人ともう旅は終盤らしい。
カウンターは幾つかあり、効率は良い。

事務的ではなく結構ゆったり相談に乗ってくれる。とは言っても選択肢は6時か15時か?
15時のは6時間かかると言うので。夜中に着くのはパス。頑張って6時に起きる事に。
1st か 2ndかの選択があったが値段が倍違うので当然2nd class
意外と高く約450Rs。4時間で付くし、どうも特別急行らしい。15時のはもっと安かったのかな。

まあいいや。
まだご飯を食べていないのでメインバザールに戻り昨日目をつけておいた食堂にいってみた。
インドの食堂は基本的にカレーの定食が食べれるらしい。主食をパンやらナンやらご飯やらから選べた。
カレーはロカンタのように保温されて並んでいる。
チャパティが一番安くて上手いと聞いていたので。ソレを注文。

すると生地を大きなつぼ型の炉に入れて焼いてくれた。ネギみたいなのも入っていてとても旨い。
カレーも何種類かつけてくれた。

Dscf0882

チャパティ・ターリ
これで25Rs(50円)は安いと思う。これから何度も食いそうだ。
立ち食い形式。ココに座れといわれても汚くて座る気がしない。でもあまりにも食べづらかったので座ってやった。

とりあえず今日は満足してしまった。

インドはカメラを出して歩いていると何かと不都合なので、カメラを一時的に入れるポーチが欲しく、新市街まで見に行ったがなかなか良いものが見つからない。
途中の電気屋で携帯のSIMカードの値段を聞いたら100Rs 昨日きいたメインバザールの店は450Rs。人によってずいぶん値段が違う。100Rsのは買おうと思ったが。写真が必要だったので持ち合わせが無く、やめた。
その電気屋のオヤジ、やけにUSBメモリを進めてきたので買ってしまった。コーラもくれたし。
1000円で16GBって今安いのか? また実家にバックアップを送る時に使うだろう。
今の物価感覚だと1000円はかなり高い。

道を歩いているとみやげ物屋に連れて行こうとするやつもいるが、観光局の場所を教えてくれて、キレイに去っていく人も多い。インド人は99%ウソツキだと聞いてきたのに、そんな事はない気もする。
パリカ・バザールの上の公園で日本語で書かれたメモ帳をみせて仲良くなろうとしてくるヤツが何人かいたが、怪しいと感じたのであまり相手にしなかった。その後どういう展開になるのかちょっと気になる。

 

Dscf0883

道端のチャーイ屋。使い古した鍋と強力バーナーを使い、手際よくお茶を作る。
鍋に葉と砂糖、ミルク、生姜を入れて煮立った所で、濾過しながらコップに入れていく。今までのに比べてとても凝っていて感心する。しかも安い(5Rs)

暑いのに飲む気になり、飲むとと疲れが少し取れる。 なぜかな。
電車の時刻表があるとヨーロッパのように予定を立てやすいかな。と思って駅に行って聞こうと思ったが、オフィスが混んでいて断念。

Dscf0885

ニューデリー駅

今日もまたオクラ丼を食べてしまった。
明日は早い。早く寝なければ・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。