自然のイルミネーション、ワイトモ洞窟(02/27)

Dsc06731
ワイトモ近郊で泊った宿は静かな牧場の中にあった。久しぶりにのんびりした旅風情を感じられた。(宿の前から撮影)

ワイトモはロトルアの西にある。この辺は洞窟が多く、そのなかでも、グロウワーム(土ボタル)と呼ばれる光る虫がすんでいる洞窟がいくつかあり、そこへのツアーが有名になっている。今回は宿で出会った人のお勧めのスペルボウンドのツアーに参加した($70 , 3時間ちょい)
土ボタルは実際は蜘蛛のように糸をたらしてハエとかを食っているミミズみたいな生き物だ。それが洞窟の中で青緑色に光っている。真っ暗な洞窟の中でたくさんの光をみると、まるでクリスマスのイルミネーションのようだった。
もうひとつ、ツアーでは鍾乳洞にも訪れた。

Dsc06775
ボートに乗って洞窟の奥へ。

Dsc06769
天井にはたくさんの土ボタルが光っていた。まるでクリスマスのイルミネーションのトンネルをくぐっているようだ。蛍といっても点滅しない。

Dsc06780
糸を垂らして虫を待っている土ボタル。光だけ見ると美しいが実際はグロめのミミズみたいな生き物だ。

Dsc06777
糸に水がつき、光が乱反射してきれいに滲む。

Dsc06746
もうひとつ訪れた鍾乳洞。これは良くある感じだった。

今回のツアーは値段どおり満足のいくものだった。たまにはスパッと金出すのも悪くない。
昔からやっているもうひとつのツアーとはまた違う洞窟だそうだが、今回参加したの会社の方が近くでより明るく見えるということらしい。それにツアー時間が長く少人数でフレンドリーに進んで好印象だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。