イタリアへ。ギリシャ後半戦その二 (2015/01/15~20)

ラミア~パトラ 6日間(走行4日) 走行距離227㎞ (累計12377㎞)

Imgp9577
さぁ。片付けて出発しようか。。さわやかな一日の始まり。
テッサロニからパトラこの区間は本当に恵まれていた。

マリアン湾の向こうに見える雪がついた山岳地帯に向かっていく。

Imgp9587
ラミアの町で買い物を済ませて進む。しばらく高速と平行してから山岳地帯へ

Imgp9588
ラミアの町へ続く高速道路。

Imgp9592
みるみる高度を上げていく。

Imgp9600
峠を越えると一面の山。このあたりは国立公園になっている。

Imgp9613
山に囲まれた盆地にあるちいさな町、アンフィッサのそばでキャンプを張る。
山の中にいいところはいっぱいあったのに、ろくでもないところになってしまった。

2日目の朝

盆地ということはもうひとつの峠があるということ。これはたいしたこと無いはず。

Imgp9626
最初から結構急登。アンフィッサの町を下に見ながら。

Imgp9624
教会がイタリアっぽくなってきた?

Imgp9631
そんなに楽でもなかったが、標高があがるにつれ代わっていく景色が気持ちいい。
この辺でキャンプしたかった。今回はタイミング悪い。

Imgp9636
レトロなキャンピングカーで旅をするメキシコ人夫婦が止まって声をかけてくれた。

峠を越えて気持ちよく下ってゆく。向かい風の無い下りってこんなに快適なんだ。。
Imgp9649
絶景の高台。大きく割れているところが大迫力だ。

Imgp9651
一面のオリーブ園を見渡す絶壁にたつ村(写真は分かりにくい)こんなところに村を作ろうと思った人がすごい。

Sernikaki の町で宿を取って有名なデルポイ遺跡を見に行こうと思い立ったけれど、宿が高すぎて断念。観光地のデルポイへは山を登ってまた戻ってこなければいけないのでパス。海まで下りる。

Imgp9658
夏は多少にぎわいそうなビーチリゾート、イテア。山岳地帯を抜け、湾へ出た。

ここから海岸線沿いを少し走ったところにある小さな湾でキャンプを張った。

Imgp9434_2
小さなボトルに入って売っているギリシャのお酒「ウゾー」はトルコの「ラキ」と同じだと思う。水を混ぜると白くなるところも一緒。くせのある味はクセにはならず、好みではない。

Imgp9667
人目につかず、木々もいい感じで湾が見える連泊したくなる場所。

3日目も好天が続く

Imgp9673
対岸にイテアの町と山の中腹に見えるデルポイ

Imgp9675
春が近いことを感じさせる風景

Imgp9674
亀仙人の島

Imgp9678
海に近づくと水はとても綺麗だった。

Imgp9688
Galaxidi という小さな観光化された町。とても素敵な雰囲気だった。
いつかしっぽりと訪れてみたい。

Imgp9694
海岸線は山がちなので入り組んでいて、アップダウンが多い。それでも真っ青な海を見ながらのサイクリングは気持ちよい。対岸はペロポネソス半島だ。

Imgp9709
町外れの海岸にある運動公園の駐車場にキャンプを張った。

Imgp9707
朝焼けがにじんでとても綺麗。でもそろそろ天気が悪くなってくるかなぁと感じる。

風が出てきて少ししんどくなった。

Imgp9719
古い港と山に城砦を持つ町、Nafpaktos。ここもちょっとした観光地になっていそうだった。昼食をとって先へ進む。

Imgp9725
大きな橋が見えてきた。

Imgp9731
ペロポネソス半島と本土を結ぶ、リオン・アンティリオン橋。いかにも自動車専用だったけれど、自転車も通らせてくれた。料金所で聞いたら、歩道は階段があるから走っちゃだめって教えてくれた。

Imgp9738
半島側に渡って橋を眺めるカフェで一服。パトラの宿を調べる。

Imgp9746
パトラの町でドイツから着た三人組に会う。イタリアから船で渡ってきたばかり。

Imgp9744
なんとリアカーに犬をつれているという仕様。

久々に出会ったサイクリストに話が弾んだ。キャンプを共にしようと誘われるが、こちらはイタリアに渡る前に宿に泊まりたいので断る。雨降りそうだし。しばらくシャワー浴びてないし。

宿は時期はずれだからそれなりのところが安く取れる。
El Greco (クリックで地図)

Imgp9762
Wifi、トイレシャワー、エアコン

確か25ユーロ。一番安い部屋の値段でひとつグレードが高い部屋をあてがってくれたらしい。ツインだったし。スタッフも皆親切で笑顔も素敵。

Imgp9749
船まで一日空いたので、町を散策する。

Imgp9757
町を見下ろす丘の上へ。ぺトラ要塞を見にやってきたのだが、営業日が少ないギリシャ。やってなかった。

Imgp9759
トルコ風モスク風教会。

Imgp9765
町一番の大きな教会

Imgp9770
中の巨大な木製シャンデリアがなかなかインパクトあり。

Imgp9800
そしてフェリーへ向かう。待合室でほかのサイクリストを発見、コワモテの女の子だったが、すぐに仲良くなれた。エマという名のフランス人でヨーロッパを周遊中だった。

Imgp9804
車と同じように船倉に積み、あとは到着までのんびり過ごす。

Imgp9825
特に部屋を取っていないので、バーラウンジでぐたぐた過ごす。お酒が異常に高いけど、エマがそれでも飲みたがるので付き合うハメに。でも一人だったらヒマだったのでよかった。他の客はトラックドライバーがほとんどだった。
夜には映画館みたいなところで横になって寝た。

Imgp9819
翌朝イタリアの南端、ブリンディシの港に近づくと、壊れたフェリーが見える。最近事故したフェリーらしい。

イタリア南端の港町、ブリンディシではエマと二人で地図を探し、食事をして別れた。この後、彼女はシチリアの方へ行くらしい。僕はそのままローマへ向かう。元々僕もシチリアに行くことを考えてはいたが、この先しばらくの天気傾向を見る限り、あまり楽しめなさそうだった。いよいよ旅も大詰めだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。