シェラとタカハウス(2013/03/16~08/02)

Dsc08491
メキシコからグアテマラ・シェラへ。

ちょいと登山に温泉にと立ち寄った町。気づけばそれが4ヶ月以上の長期滞在となってしまった。
タカハウスの日本人宿「タカハウス」オーナーのタカさんが経営するこの場所

Dsc08957
居心地の良いパティオ。もちろん居心地も◎

Dsc09338
タカさんの愛犬ボビー(メス)。かわいい顔してお客さん噛みます。

Dsc08493
シェア飯制度はタカハウスの特色。

スペイン語学校も併設するタカハウス定期的に学校としてイベントがある。もちろん宿泊者も参加できます。

Dsc09308
バーベキューとか

Dsc09383
これはマリア先生の織物教室。

課外授業では他にも郊外の村や温泉、トレッキングに出かけたりもする。

ひょんな事から管理人になることになった。それでこんなに長い期間をここで過ごすことになった。

それはさておき、シェラの見所を紹介。

シェラ(ケツァルテナンゴ)はグアテマラ第二の都市。町自体にはこれといって何も無い。
どちらかというと郊外の観光がメインである。
観光客はあまりいないが、スペイン語学校に通う外国人生徒はたまに見かける。

Dsc08496
セントロにはきれいな公園が整備されている。

Dsc08864
町にはウイピルとよばれる美しい民族衣装を着た女性が闊歩する。

Dsc08509
町南の丘からの眺め。

Dsc08765
セマナ・サンタ(聖週間)はキリストの死から復活まで、ストーリーを追った大きな神輿が町を練り歩く。

郊外ではトレッキングや村ごとに違う様々な民族衣装を見学に行くことができる。

Dsc08544
ムエラの溶岩台地。溶岩でできた丘。異形の大地である。

Dsc08553

Dsc08535
聖地としても崇められ、日曜にはあちこちで祈りを見ることができる。

Dsc08567
シェラの眺め。抜群

Dsc08595
ロス・バーニョス 温泉が出ていて、個室風呂が楽しめる。
他にもスニルという町の近くには露天風呂もある。

Dsc08941
サンティアギート火山。30分に一回ぐらい大きく噴火する。シェラからバスで30分、歩いて3時間くらいの行程

Dsc09062
チカバル湖火山のクレーターである神秘的な湖。

Dsc09082
この湖は聖地として崇められている。

この後シェラに大荷物を置いてグアテマラを旅行する。

——————–情報コーナー——————————-
シャトルバス:サンクリストバル(メキシコ)→シェラ(グアテマラ)
       直行 280ペソ

又はローカル

サンクリストバル→コミタン 
 相乗タクシー 1.5h程度 45/55ペソ(バンタイプ/乗用車タイプ)
コミタン→シウダー・クアウテモック(メキシコ国境)
 乗合バン 2時間程度 40ペソぐらい?
シウダー・クアウテモック(メキシコ国境) → ラ・メシヤ(グアテマラ国境)
 乗合バン 10分程度 8ペソ
ラ・メシヤ → ウエウエテナンゴ 
 チキンバス 2h 20ケツァール
ウエウエテナンゴ → シェラ(ケツァルテナンゴ)
 チキンバス 2.5h 20ケツァール

宿:タカハウス ドミ 40ケツァール
  15 Avenida, 1-22, zona 1, Quezaltenago, Guatemala. 
  バスターミナル(ミネルバ)から徒歩30分程度 又はコレクティーボ有
  Wifi遅い、ガス式ホットシャワー(熱い)
  https://www.geocities.jp/takasantiago/

近郊の場所などへの行き方はタカハウスで詳細が手に入る。

※1ペソ(メキシコ)=約8円
※1ケツァール(グアテマラ)=12円
—————————————————————

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。