妙義山って

今回は群馬県の妙義山にチャレンジして来ました。
標高1104mと今まででもっとも低い山ですが、難度が高いということで行ってみました。
当日は天気が怪しく、登山口に着いたころには切り雨[雨]・・・
テンション下がりますが、近いのにわざわざ高速道路をつかってきたのでまあ行くか・・と妙技神社から出発。
妙義山は白雲山と金洞山と二つのエリアがあるそうですが、今回は二つとも縦走して麓のハイキングコースを通り、妙技神社に戻ってくる予定でした。
とりあえず大の字の脇を通るルートを選択。
噂に聞くとおり、初っ端から鎖場が続き、個人的には北アルプスの大キレットよりもハードなルートだなと感じました。
岩がぬれてすべってしまうのもそう思った原因かもしれません。
しかも展望が悪く、滑ると危険なので、金洞山はあきらめ白雲山のみでタルワキ沢から下山しました。
近くに日帰り温泉施設もあり、ゆっくり帰って来ました。
また後日リベンジしたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。