自然と遺跡のチャチャポヤス(08/27~30)

Dsc03145
チャチャポヤスの中心部は白で綺麗に統一されている。

イキトスからの帰りはタラポトに飛ぶ飛行機を使うつもりだったが、予算が合わずに船で戻ることになった。今回は座礁はなしで比較的順調に一晩と3日でユリマグアスに到着。

Dsc02667
偶然にも行きと全く同じ船。クルーも一緒で僕のことを覚えていてくれた。

午前3時と言う早朝に船を降り、タラポトに向かった。行きの船からずっと一緒だった友人を見送り、僕はタラポトの町へ。

Dsc03139
タラポトのメイン広場。

本当は何泊かするつもりだったが、この日は丁度日曜日。あまり見るものもなさそうなので、泊るのは止めて移動することにした。バスを乗り継ぎ怒涛の移動を果たし、夜にはなんとかチャチャポヤスに到着。早朝から一日中グネグネ道で気分が悪い。セントロの広場の側に早々と宿を取り、次の日は情報を集めてから町を散策。その次の日から郊外の観光を始めた。

Dsc03151
高台から見たチャチャポヤスの町。標高2500mくらいあり、蒸し暑いアマゾンから来た僕にはとても寒く感じた。

観光のメイン、クゥエラップ遺跡へはツアーで行くことを決めた。早朝しかバスが無い為だ。ツアーなら楽できる。それに遺跡はツアーの方が分かり安い。さらに言うと個人で行く移動コストはツアーと大きく変わらない。
マチュピチュより高い約3000mの高地にお城のようなものが建っているところ。それがこの遺跡だ。

Dsc03166
グネグネ道をぐんぐん登って遺跡に向かう。遺跡は全くといって良いほど途中から見えない。

Dsc03171
車を降りて少し歩くとやっと遺跡が姿を現す。

Dsc03272
高い壁に細い三箇所の入り口。遺跡は南北に細長く、東側は石壁、反対側は崖という天然の壁に囲まれている。

Dsc03183
壁はかなり高く迫力がある。

Dsc03187
細い入り口から中に入る。登っているが、遺跡は壁の向こう側ではなく、壁の上にあるのだ。

Dsc03199
だから反対側の眺めが良い。登ってきた道が見える。あちらからだとただの岩山にしか見えないわけだ。

Dsc03197
中はこんな植物が生い茂っていたりする。寄生植物だろうか。

Dsc03221

Dsc03245
たくさんの住居跡がある。円形でかわいい。手前の一つは屋根が再現されている

Dsc03209
周囲には蛇といわれている模様が残っている。

Dsc03235
住居の中。どの家にも貯蔵?の穴とまな板として使ったい平たい石がある。

Dsc03249
変な形をした神殿と解説する若いガイドさん。南米では困ったことにスペイン語のみのガイドが当たり前なのだが、彼女は少しだけ英語で解説してくれた。

Dsc03260
神殿や入り口の壁にはところどころレリーフが残っている。

Dsc03165
クゥエラップ周辺の村の家の模様はクゥエラップで見たものと似ている。

さらにその翌日は世界第三位の落差があるという、ゴクタの滝を見に行ってきた。今回はツアーを使わず個人で行った。計3時間程余計に歩かなければならないが、それぐらいなら自分のペースで歩きたい。

Dsc03286
ペドロルイスに戻るコレクティーボを途中で下車し、コカチムバに向かってダート道を歩く。

Dsc03288
絶壁が見える周辺の景色が綺麗だ。

 

Dsc03285
コカチムバ村に行くに後半は遠くに滝が見えてくる。写真は途中のコカ村とその奥に2段になった滝

コカチムバからはツアーで行くのと同じトレッキングコース。アップダウンが結構あって疲れる。滝はずっと見えているのになかなか近づいてこなかったが、それだけ大きいと言うことだろう。

Dsc03295
途中までは畑とかがある。

Dsc03308
ジャングル中を進む道

Dsc03302
遠くからは2段になった滝の全景が分かるが、、

Dsc03309
近づくにつれ1段しか見えなくなり、、

Dsc03331
滝つぼに近づくと全く高さが分からなくなってくる。
線が細い迫力に欠ける滝だが長ーい事は確かだ。

Dsc03323
落ちてくる途中にほとんど吹き消えてしまい、滝つぼに雨の用に降り注いでいる。
風が吹くと滝つぼの位置が変わるのがおもしろい。

Dsc03327
滝のある崖は地層がグニャグニャに曲がった面白い地形模様。周辺には貝の化石も落ちていた。

他にもカラヒアと言うモアイ見たいな遺跡や、湖とか、自然に遺跡にと見所が多くて何をしようか悩むチャチャボヤス。でもこの時期だからか毎日曇りがちなのが残念だった。特に高所にあるクゥエラップはとても寒かった。

——————–情報コーナー——————————-

イキトス→ユリマグアス Gimers社のボート"EDURADOⅧ"
 ハンモック100ソル、個室150ソル (食事付)
 ※ハンモックは自前、25ソル~。
 ※その他食事用タッパーと食器、飲料水が必要(途中の町でも売りに
  来るし売店も船内にあります)
 ※なぜか行き(80ソル)より高かった。(前回ブログ参照)

ユリマグアス→タラポト コレクティーボ 10ソル 2.5h
 ※人が集まり次第順次出発(今回は早朝4時頃に出発)

タラポト→ペドロルイス FERNANDEZ社 40ソル 普通バス 7.5h
 ※距離や質の割りに高いと思う。他数社有り。
 ※チャチャポヤス直行もあり。(会社不明 7:30AM頃発)

タラポト→チャチャポヤス コレクティーボ 5ソル 1.5h

宿 Hostel Plasa トイレシャワー付個室 25ソル
   ※Wifi有、電気ホットシャワー、プラサに面していて便利

クゥエラップ遺跡ツアー 35ソル+入場料5ソル(学割料金)
 ※個人で行く場合は朝4時に直行バス有り。(15ソル)帰りは遺跡から
  2時間歩いて麓のTINGOと言う町でコレクティーボを拾う(6~10ソル)

ゴクタの滝 コレクティーボ片道5ソル+入場料5ソル
 ※コカチンバ村まで徒歩約1時間(1.5h)+コカチンバ村から滝まで約
  2時間(2.5h) 
  ()内は標準タイム。往復8時間は見ておく事。

※1ソル=約30円
—————————————————————

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。