黄金三昧のチクライヨ(08/31~09/01)

Dsc03366
チクライヨのカテドラル

 ペルー北部の町、チクライヨ。ペルーで最後に訪れる町になるであろう町である。本当はチャチャポヤスから直接エクアドルに抜けてしまうルートを聞いていたので、そうしようと思っていたのだが踏みとどまった。

 チクライヨは久々に訪れた都市らしい都市だった。町自体は特に観光するところは見当たらないが、綺麗なつくりの中心部と騒々しいアジアのようなメルカドの差が面白い。

Dsc03459
ボリビアからすでに見慣れた感じの南米のマーケット。

Dsc03457
コンドル!? 確かにこの辺りコンドル多いけどさ。。これ買ってどうするの?

観光は郊外の町に行く必要がある。インフォメーションセンターで聞くと少々煩わしいのだが、ツアーを使わずともめぼしい所は全て地元民の足で行けるようなので良かった。見どころは僕のあまり好きではない博物館ばかりなのだが、今回のは違った。

まずはシパン王墓博物館へ。トナリ町ランバイエケまで乗用車型のコレクティーボ(要は相乗りタクシー)で20分。後はちょちょっと歩くだけ。

なんやら銘菓と言わんばかりに”KING KONG”と言うお菓子を売っている店が並んでいる。
何でこんなに同じ名前の商品の店があるのか。商標登録とかないのかね、この国は。
どれが元祖か全く分からない。

Dsc03377
ちょっと試してみた。箱でも買えるが切り売りもある。甘ったらこく、銘菓といった感じである。まあまあいける。ジャムの割合より練乳クリームが多い方がおいしい。

話がそれたが、

Dsc03375
これがシパン王墓博物館。見た目からして凝っているが、中も良く出来ている。シパン王の墓から発見された金銀財宝の数々を綺麗に並べてある。解説はスペイン語のみだが、金でできた数々の出土品は呼んで字の如く”目を奪われた。”
(写真撮影不可の為写真ありません。)

次の日にはシパンというまんまの名前の村にある実際のシパンの墓に行ってみた。ここもセントロの北にある(歩いて行けます)コレクティーボのターミナルからボロバスでシパンに向かうだけ。墓のとなりにある博物館の前で降ろしてくれた。他にも何人かのペルー人も同じく観光にこのバスを使っていた。

Dsc03391
併設の博物館

博物館は昨日のシパン王墓博物館から落ちこぼれた(失敬)出土品の数々が展示してあった。金のものはほとんど無いが、こちらは撮影可能。

Dsc03395

Dsc03404
小さな博物館だが、綺麗な展示でうれしい。主に王室直属の司教(?)の遺品の展示だった。

Dsc03409
そして王墓へ。ただの山に見えるが良く見るとアドベのブロックがちらちらと覗いている。ピラミッドなのだ。これが王墓なのか。
と思ったらシパン王たちが埋葬されていたのはピラミッドの隣。中ではない文化。

Dsc03411
シパン王の墓。穴は本物だが置いてあるものはレプリカ。
王の墓以外にも王室司教や護衛人の墓なども深さを変えてすぐ近くから発見されている。

Dsc03415
近くにコンドルが何羽か飛んだりしていた。動物園で見るのより小さかったけど。

一旦チクライヨに帰り、次は違うコレクティーボ乗り場から、フェレナフェに向かう。ペルーはバスターミナルとかコレクティーボ乗り場が会社毎に違う所にあるので面倒だ。他の南米諸国のようにまとまって大きなターミナルを作る考え方はあまり無いようだ。

Dsc03431_2
シカン博物館はそこにある。
あまり観光客がいない静かな博物館だった。

シカンは紛らわしいが”シパン”とは違う人だ。日本人が団長の調査団が発見したこの王墓はシパン王よりさらに新しい時代の人で、ここも黄金の財宝がざくざく出てきたと言う。

Dsc03436
へんな体勢で埋葬されていた様子が再現されている。ちなみに頭は切られて逆向きになっていたらしい。

Dsc03439
黄金の装飾品も展示されている。

Dsc03444
特に黄金マスクはすごかった。必見。

Dsc03367
海岸線沿いの楽しみはセビッチェ。生魚のレモン酢漬けみたいなもの。特に冷やさずにガラスケースに入っているから、ちょっとおなかが心配だけど。酢漬けだからいいのか。

こんな感じでペルーの旅は終わりに近づいてきた。そして次はエクアドル。新しい旅が待っているのか、それとも今までとやはり同じ”南米”の旅が続くのか。

——————–情報コーナー——————————-

チャチャポヤス→チクライヨ Civa社 30ソル 普通バス 10h
 ※セミカマではないが足置付でお得、綺麗ではないバス。

宿 Hostal RealⅡ トイレシャワー付個室 25ソル
   ※Wifi無、ホットシャワー熱い、液晶TV、プラサから3ブロック程度
    アドレス:Alfonso Ugarte 673

シパン王墓博物館 10ソル、国際学生証は使用不可
チクライヨ → "コレクティーボ(1.5ソル)" → ランバイエケ → "徒歩10分" → 博物館

ワカ・ラハダと博物館 3ソル(学生価格。通常8ソル)
チクライヨ → "バス(3.5ソル)" → 博物館

シカン博物館
チクライヨ → "コレクティーボ(2.5ソル)" → フェレナフェ → "モトタク(1ソル)" → 博物館

※1ソル=約30円
—————————————————————

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。