お墓めぐりのハイキング、ティエラデントロ(12/08~10)

Dsc05340
のんびりとトレッキングを楽しみながら観光しよう。

サン・アグスティンからバスを乗り継ぎ、ティエラデントロへ。実際は乗り継ぎをミスってラ・プラタという町に一泊してなんとか到着。

ここでラ・プラタの様子を。
ラ・プラタは標高900mくらいで水シャワーで十分な暑い町です。アジアのような雑然とした感じがあり、町の規模の割りに広場に沢山人がいました。

Dsc05195

クリスマスに向けて電飾が進んでいます。

翌日の早朝、ティエラデントロに出発。ダートの道を、ピックアップトラックに乗って進むので車酔いしました。できるだけ前の席に乗ったほうが良いと思います。
ティエラデントロとは遺跡の名前で、その入り口付近にいくつかホテルがいくつかある。リーズナブルなトイレつき個室が見つかった。

Dsc05199

遺跡入り口付近の光景。のどかだ。

少し休んでから遺跡探検に出発。
入り口やホテルは谷にあり、その両側の山を歩く。コースは谷の北と南にあり、1日で回れないこともないが、かなり忙しい。暇人の私はもちろん2日かけてゆっくり回ることにした。

Mapa4tvistasenderos
地図は公式(?)サイトより。青色が一日目、黄緑が二日目のコース。適当な線引きですいません。

1日目北側のコースから。

まずは博物館を見学。博物館は2つあり、発掘物(壺とか)と、民族紹介のがあった。
Dsc05203
写真は博物館にあるティエラデントロの墓のひとつの模型。

Dsc05210

橋を渡ってスタート。

Dsc05211

登りだすと地元の人とすれ違ったりする。入場券いるのか?と思ったが後で分かる。

15分ぐらいで着くアルト・デ・セゴビア
Dsc05254

全部で25の墓があるという。ちゃんと屋根で守られていた。入り口はいちいちロックされていて、めったにこない客を携帯で音楽を聴きながらぼうっと待っている係員の人に開けてもらわなくてはならない。結局ここにあるものが一番すごかった。いくつか紹介します。

Dsc05230

入り口はこんならせん状の会談になっていて最後(下のほう)は普通の階段になっている。写真は中には入れなかったがもっとも深いもの。

Dsc05224

こんなふうに柱で小部屋のように区切られているのが基本。大きいものは真ん中に2本程度の柱がある。

Dsc05243

絵や模様が残った重要なものは柵で保護されている。

Dsc05252

柱に顔が彫られていてさらに赤と黒の模様も残っている最も美しかったもの。

そこからさらに20分くらい登ったところにあるアルト・デル・デュエンデ
こちらは3つの墓が残っていて、顔のレリーフやペイントも残っているが、アルト・デ・セゴビアに比べると見劣りする。

Dsc05273

そこから徐々に下り、車道に出て一時間くらいで到着のエル・タブロン

Dsc05267

ここはゆるキャラの石像がいくつか展示されている地味でのんびりした場所。馬が草を食べ、監視員が昼寝し、子供たちが遊んでいた。

Dsc05271

そしてたどり着くサン・アドレス村(写真中央)。小さな村でレストランとホテルが一軒しかない。

Dsc05274

教会がとてもかわいらしい。

Dsc05275

広場ではなんかやっていた。

Dsc05278
大なべ料理。

レストランで食事をしたときに話した酔っ払いの団体がビールをくれたり、広場で出し物をしているので見に来てと言われて言ったら出し物の天然石鹸をくれたり、面白かった。

Dsc05350

これがもらった石鹸。ブルーベリーのような実からとったとてもいい匂いがする。

2日目南側のコースを歩く。これはどっちかというとほとんどトレッキングで、遺跡は二の次だった。

Dsc05281

入り口から登り始めるて一気に町の南側の山の稜線まで登りつめる。そして眺めの良い尾根伝いに進んでいく。

Dsc05285

いきなり稜線まで登りつめ、公園入り口とホテル群があっという間に小さく。

Dsc05287

とても眺めがよくなる。

Dsc05294

Dsc05301
快適な稜線歩き。

Dsc05291

南側の稜線が迫力だ。
稜線を登りきると、アルト・デ・アグアカテに到着する。

Dsc05302

アルト・デル・アグアカテ。警備員も誰もいなく、屋根で保護もされていないのも多い。実際地味なものばかりだった。昔の人も眺めの良い場所に埋葬されたかったのだろうか。。

Dsc05312

アルト・デル・アグアカテは昨日に比べて地味なものが多い。手付かずなものも多く、雰囲気は出ている。

Dsc05299

インザの町(中央)

尾根から下り、巻き道を行くと、村を見渡す場所にあるアルト・デ・サン・アンドレス
4つの地価墳墓と1つの露出した地下墳墓があった。ここはちゃんと警備員がいて、お墓もロックされていた。一日何人の客が来るのだろう。ここで他にツーリスト見てないし、、

Dsc05334

アルト・デ・サン・アンドレス

Dsc05326

碇のような絵が柱に。

Dsc05336

崩壊して露出しているのもある。

あとは車道まで降りて終了。
遺跡公園といいつつなかなかのトレッキングをする覚悟がなかったので意外だったが、逆に思ったより地味な遺跡だけよりおもしろかった。

次は久々にコロンビア旅行の主脈に戻ります。ポパヤンへ!

——————–情報コーナー——————————-

乗合トラック:サン・アグスティン→ピタリト 40分 5,000ペソ
乗合バン:ピタリト→ハルソン(Garzon) 2h程度 ラ・プラタまで20,000ペソ
乗合トラック:ハルソン→ラ・プラタ 1.5h程度 値段上記
乗合トラック:ラ・プラタ→ティエラデントロ 1h 10,000ペソ

ラ・プラタ宿:名称失念(Hotel Exclucivo?) 10,000ペソ
       ※ネズミいり個室、共同水シャワー

ティエラデントロ宿:Residencias y Restaurante Pisimbala 
          個室 10,000ペソ トイレ、電気ホットシャワー付

遺跡公園入場料:10,000ペソ

Dsc05198_3Residencias y Restaurante Pisimbala

※100ペソ=約4.5円(コロンビア)
—————————————————————

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。