新穂高漫遊 南岳-槍-双六 (二日目)

新穂高を起点に南岳、槍、双六と周回。行き先をリアルタイムに決めながら歩いた自由な二日間・・・シリーズ全2回中2記事目
一日目はこちら

本日の工程
  南岳キャンプ場(南岳小屋) --> 槍ヶ岳 --> 双六小屋 --> 鏡平 --> 新穂高温泉(鍋平駐車場) (2019/09/15)
青線が本日の行程

日の出の30分前、空が明るくなってくる時間に出発した。テントはほとんど濡れず、撤収は快適だった。外は朝の風が吹いていた。

程なくして南岳山頂に到着。振り返ると穂高が大きく構えるように聳えていた。

南岳山頂での朝焼け
南岳山頂
南岳より朝の穂高連峰

ここで朝日を迎えるには早すぎるので、足を進める。

槍ヶ岳へ続く道

流石に北アルプスで最も標高の高い主脈であるだけあって、どこからでも眺めが良い。常念山脈の向こうの雲海もよく見える。やがて日の出を迎え、コーヒーを沸かして朝食を取る。

常念岳付近から昇る朝日

日が出ると視界がぐっと開け、ギンギンと日差しを感じてくる。気温もグッとあがり、暑くなるのも時間の問題だ。ジャケットを脱ぎ中岳の登りに備える。

中岳への取付

この辺りから徐々に槍ヶ岳方面から来る人とすれ違い始める。混んでくるとマナーがない人が現れるのにうんざりするが、短い区間のみだ。

中岳からの笠ヶ岳

大喰岳に着くとたくさんの人が山頂にいた。山頂の横を通り過ぎ、槍ヶ岳を目指す。

大喰岳山頂

大喰岳からはハシゴを降り、槍ヶ岳山荘に向けて登り返す。すれ違いが多いので、ゆっくりと足を進めた。

大喰岳から見る槍ヶ岳
絶稜に立つ槍ヶ岳山荘
槍ヶ岳山荘への最後の登り返し

大喰岳から登りかえすと、静かになったテント場を通り、槍ヶ岳山荘に到着する。

槍ヶ岳山荘

山荘前は予想通りたくさんの人がいた。槍沢、槍平、ヒュッテ大槍、殺生ヒュッテ、そして南岳から来る者が槍ヶ岳を目指して集まり始める時間だ。
心配していた穂先の混雑はこの通り。

ほとんど迷う事無く、通過を決める。
そして、西鎌尾根へと足を進めた。

槍の肩から西鎌尾根を眺める

西鎌尾根を一気に下る。槍ヶ岳直下から千丈沢乗越はガレ場の急下降だった。そこから一部を除き、なだらかな稜線歩きが続く。

千丈沢乗越を超えるとなだらかな道となる

一部鎖場のトラーバースがあるがそんなに危険ではない
振り返ると逆光の向こうに槍ヶ岳が聳える
硫黄尾根の赤岳。異様な迫力で臭気を放っている

広い平地になっている硫黄乗越

気温が上がってきて暑くなってきた。風もほとんど吹かないが、少し風に当たると涼しく感じる。ペースを落としながらノンビリと稜線歩きを楽しむ。

樅沢岳から歩いてきた西鎌尾根を見返す。
樅沢岳からみる笠ヶ岳へ続く稜線
樅沢岳を超えると双六や三俣蓮華が目の前に見える
草紅葉が始まってきていた
双六小屋と双六岳

双六岳に到着して、間髪入れずに下山へとかかる。小屋の前のテラスではたくさんの人が騒いでいた。まだ11時前だが、テントもちらほら張ってある。昨日からの連泊もいるだろう。

双六池と笠ヶ岳

ここから先はかなりの混雑になると予想していたが、それほどでもなかった。ここから下山までの間、すれ違う人は少なかった。三連休とはいえ、月曜日が休みの人は少ないのかもしれない。下る人は多かったかもしれないが、この時間帯は中途半端なのかもしれない。

花見平にはいくつかのベンチが設置されていて眺めも良い
弓折乗越はたくさんの人が休憩していた

槍ヶ岳を仰ぎ見る眺望の良い稜線はここまで、ここから鏡平に向けて一気に下降に入る。

槍ヶ岳と鏡平(右下の大地)
樹林帯に入る直前、最後の大展望を楽しみながら下る
鏡平山荘

山荘でも多くの人が外のテラスで食事をとったりビールを飲んでいたりしていた。それを尻目に少し先の鏡池へ向かう。

鏡池の逆さ槍

鏡池でも多くの人が休憩していた。撮影したり、食事をしたり。
今回はほとんど行動食で歩いているが、ここでも簡単に昼食を済ませ、後は降りるだけの体制を整える。時間は12:30とまだまだ余裕はあった。

最後の林道を無心で歩く。。

時間や体力的な心配をしていたが、十分可能な行程であった。テント泊とはいえ軽量化に努めた賜物あろう。槍ヶ岳に登ったり、荷物がもっと重かったりしたら難しかったかも知れない。

新穂高温泉から鍋平への登りが地味に蒸し暑くて大変だった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です