アマゾンのイキトスまでの旅(08/13~25)

Dsc02632
アマゾンの森をひたすら見ながら船は進む。

 トルヒーヨから内陸に進みアンデスを超えるととアマゾンの熱帯雨林地域になる。荒涼としたアンデス沿いや海沿いとはがらっと変わって緑豊かで蒸し暑い日本の夏のような気候に変わる。目的地はイキトス。アマゾン川の辺にある町だ。ところが、そこへ行く道は無く、船で何日もかけて向かうのだ。トゥルヒーヨからアマゾンの玄関口タラポトへ一晩かけて行き、そこで港町ユリマグアスへと乗り継ぐ。そこから4日かけてボートでイキトスへ向かう。
イキトスは"アクセスする道が無い町では"世界最大の都市というフレコミがある。現代は当然飛行機でアクセスできるが、物資は毎日船に載って運ばれる。その船に乗ってイキトスへ向かうのだ。 アマゾンを体感するロマンあふれる旅である。

Dsc02593
ユリマグアスはセントロのプラサ周辺は比較的綺麗に整備されているが、草葺屋根の家も多くまたモトタクシー(トゥクトゥクみたいなもの)も走り回り、アジアを思い出させる雰囲気を持っている。乗り換えで通り過ぎてしまったが、タラポトの町も規模が大きいものの同じようなものだった。

Dsc02597

Dsc02595
河の流れを間近に見れる質素な宿に泊って船を待つ。
このユリマグアスからはラグナスと言う所へのジャングルツアーがあるらしく、何度か勧誘を受けた。イキトスのようにツーリスト化されていない生の動物を見るチャンスがあると言う。

Dsc02667
イキトスへ向かう船は思ったより大型。前日からたくさんの荷物を積み込んでいた。
セントロから港は歩いていける。

Dsc02600
出発の直前までじゃんじゃん荷物を積み込みに人がやってくる。
というか荷物を積むからか定刻になってもなかなか出発しない。

Dsc03127

Dsc02669
朝もやに浮かぶ熱帯雨林(写真上)、風が無ければうだるような暑さの昼、涼しい風とともに訪れる夕焼け(写真下)。こんな情景を毎日見ながら船は進む。

Dsc02648
寝るのも日中だらだらするのもハンモック。

Dsc02605
食事はこんなものが提供される。大体決まっていて朝は米スープとパン、昼はチキンスパゲティ(とライス)、夜は写真のような魚か鳥か牛肉ライス。味は悪くないが飽きる。何もしていないのであまり食欲が無いときもある。
タッパーや食器は自分で買ってくるものに入れてもらうのだ。食事に時間にじりりんとベルがなったらみんな一斉に並んで配給のように入れてもらうのだ。

Dsc02626
途中二回も座礁して合計丸1日以上の時間をロスした。
写真は大きな船が来るのを待って押してもらっている所。今までにあまり無いことだというが、水量が少ない乾季は大変である。
待っている時間はアマゾンカワイルカ、ピンクドルフィンがやってきて僕たちの目を楽しませてくれた。

Dsc02654
何度か村に停泊したりする。

Dsc02650
ペルー人だけでなく外人も多少は乗っている。やはり集まる。でもいい出会いの場になった。ここで出来た仲間とイキトスについた後もしばらく行動を共にする事にもなった。

Dsc03134

Dsc03117_2
船上ではペルー人からもよく声をかけられた。船は異人である僕に声をかけるチャンスであったようだ。

Dsc02666
ナウタと言う村でほとんどの人が下船して行った。ここから車でイキトスに向かったほうが早いからだ。僕はもう少し船に乗っていたかった。この時点ではまだアマゾン川ではないからだ。

Dsc02681
僕らの進むマラニョン川は徐々に川幅を広め、プカルパから来るウカヤリ川と合流し、ついにその名をアマゾンへと変える。興奮する瞬間だ。

Dsc02685
大河アマゾン。雨季にはどれだけ大きくなるのだろう。

——————–情報コーナー——————————
ワンチャコ→トゥルヒーヨ バス 1.5ソル 
 ※"H"の表示のバスでMOVIL Toursまでダイレクトにいけます。
トゥルヒーヨ→タラポト MOVIL Tours社 90ソル セミカマ 夕食
タラポト→ユリマグアス Gimers社 マイクロバス 15ソル 3h
 ※日中2時間に一本
ユリマグアス→イキトス Gimers社のボート"EDURADOⅧ"
 ハンモック80ソル、個室150ソル (食事付)
 ※ハンモックは自前、25ソル~。
 ※その他食事用タッパーと食器、飲料水が必要(途中の町でも売りに
  来るし売店も船内にあります)

宿(ユリマグアス):Yakuruna(恐らく) トイレシャワー共同 15ソル
   ※Wifi無、水シャワー水量少、川沿いで眺めがよい、蚊多
    プラサから川側に階段を下りて突き当たり右側

※1ソル=約30円
—————————————————————

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。