エンカルナシオンとトリニダー遺跡

Dsc08889
スペイン征服以前にやってきたイエズス会の遺跡

ブラジルビザ取得の為にやってきたエンカルナシオンだが、ついでにと言っては悪いが観光もした、行きしなに寄ったトリニダー遺跡だ。ここはパラグアイ唯一の世界遺産である。とはいっても観光客はほとんどいなく、あまり人気は無いようだ。教会を中心とした赤茶色の町の遺跡は期待していなかっただけにまあまあ楽しかった。

Dsc08853
塔にも登れたりする。

Dsc08856
塔の上からは遺跡全体が見渡すことができる。

Dsc08854

Dsc08864
柱とか基本的なつくりはローマ遺跡っぽい。

Dsc08886
これが遺跡の中心となる教会跡。かなり大きな教会だった。

Dsc08884
教会内部は精巧な彫刻があった事をうかがわせる。

——————–情報コーナー——————————-
バス:イグアス居住区→30km地点  10,000グアラニー
   30km地点→トリニダー 50,000グアラニー ※
   トリニダー→エンカルナシオン 8,000グアラニー
 ※私はエンカルナシオン手前トリニダーで途中下車したが、エンカルナシオンまで行ってもおそらく同額

入場料 25,000グアラニー(周辺のJesus遺跡と共通)

宿:Hotel Itaipu  60,000グアラニー
 トイレつき個室 お湯ので悪い 監獄みたい wifi有

宿2:Hotel Germano  50,000(トイレ無) 60,000(トイレ付)
 お湯の出悪い 部屋はOK Wifi 日系人いる

写真 町の写真屋さん US$5 5枚くらいくれた。

※100グアラニー=約2円
※1USD=約80円
—————————————————————

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。