フローレス(2013/09/04~05)

Dsc00711
錆びたトタン屋根と美しい湖。丘になっている島の中心広場から。

フローレス島はサン・ベニートの北、ペテン湖に浮かぶ島。サン・ベニートとは橋でつながっていて島のほとんどがと言っていいほどホテルやお土産やなどの観光施設が占める。そうグアテマラ随一の観光資源、ティカル観光の拠点だ。

僕も本来ここによってからティカルへと行くべきだった。が、少々急ぎすぎた見返りが待っていた(前回のブログ参照)。

比較的安い宿があると言うことで、のんびりしていく旅行者も多い。
とはいえアティトラン湖と比べるとどうしても高くなってしまう。アティトラン湖、特にサンペドロが異常なのだろうか。

僕はグアテマラ脱出という目標を持ってきてしまったため、のんびりすることは考えられなかった。

2泊してメキシコに移動だ。いずれにしても滞在期限が迫っていた。

Dsc00693
眺めが良い宿の屋上でのんびりする。二人ならレイクビューの部屋がお勧めだ。

Dsc00706
島の中心は静かな公園となっている。人は少ないがあまり危険を感じない。

Dsc00697
上記の公園近くのお勧めレストラン。高いレストランばかりのフローレス島では珍しく安くて十分おいしい。安飯を食べにサン・ベニートにまで行かなくても良かった。

Dsc00704
ボリュームは十分。値段は忘れたけれどグアテマラのローカルプライスだと思う。(Q15~20)

Dsc00718
島を一周ぐるっと回っても30分くらい。居ついちゃった(?)欧米人がマラソンをしたり犬の散歩をする光景は欧米そのもの。

Dsc00720

Dsc00698
島の中央に向かって高くなる坂が多い街。

Dsc00719
それを囲うように円状に道がある。きれいに塗られた店や家が並んでいる。車はあまり通らなくでガヤガヤ感がなくて良い。

お土産やもたくさん並んでいるが、マヤ系のお土産はメキシコで買ってもほぼ同様のものが買えるだろう。しかもメキシコの方が安い。

Dsc00722
午後の嵐が去る黄昏時。長く居ついたグアテマラの旅も終わりだ。

Dsc00735
両替しても紙クズ(そんなことはない)のケツァールを使いまくる最終日の夜。
飲んで食べてディナーに200ぐらい使ってやった。

——————–情報コーナー——————————-

ティカル遺跡 → サン・ベニート(フローレス)  乗合いタク 40ケツァール

フローレス宿:Mirador del Lago 個室トイレ付  70ケツァール
Wifi、電気ホットシャワー、扇風機

※1ケツァール(グアテマラ)=12円
—————————————————————

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です