ルクソールの神殿たち(02/17 Wed)

今日はルクソールの観光です。
とはいっても朝はゆっくり昼まで宿にいました。
せっかく個室を取ったのでね。
昼前にドミトリーに移動し、ネットが使えたので実家に電話。

一回のロビーではスタッフのモハが西岸ツアーを進められた。昨日ノウビとケンカした客引きのスタッフだ。イマイチ信用できない気が漂っている。
チケットコミで(300LE)。ちょっと高いので乗り気がしないが、昨日回った他の宿はもう少し高かった。
とりあえず行くと返事したが、お金は今はないといって払わなかった。
お金はほんとにない。
とりあえず恒例のATM探しに出かけた。
ガイドにはシティバンクはまず使えない。とあった通り、なかなか使えるATMがない。
と、思ったらHSBCの銀行のATMはちゃんと使えた。
でも200LEばかり出てきた。もっと細かいのくれよ。
ルクソールはあまり大きな町ではないようだ。

Dscf0605

ルクソール神殿前の広場から

その後、ルクソール神殿を見に行った。
宿のおかみさんのミーアが言っていた通り外からでも大体見える。
オベリスクの片方はパリのコンコルドにあるそうだ。
そういえばパリでそれ見たな。なんで持っていっちゃったのかな。
帰りに反対側も行こう。

Dscf0607

ルクソール神殿

次にカルナック神殿に歩いていってみた。30分くらいで着いたけど暑いのでちょっと大変。
ココはカイロでDaiさんにもらった券で入場。結局入場券はどこで買うか分からなかったけど。

 

メインのアムン神殿はとても広かった。
全体の写真を撮っていなかったよ[E:bearing]

Dscf0636

中でも大きな柱が並ぶ回廊が凄かった。
神殿の柱や壁一面にヒエログリフが刻まれている。
奥のほうにあるセンウスレト1世のヒエログリフも色が良く残っていた。

神殿からの帰りは川沿いではなく、すこし奥の通りを歩いて帰った。

Dscf0658

ローカルな雰囲気が漂っている。

Dscf0660

ナイル川の向こうに沈む夕日

川の反対側は死者の世界。王家の谷などのお墓があります。
そこでであった人とお土産屋を見に行きました。
名前をヒエログリフで彫った何かが欲しかったのでシルバー(だと信じてる)の名入れリングを注文した。
たとえシルバーじゃなくても言い値90LEから交渉で40LEにまで下がったからいいだろう。
ペンダントトップもおんなじ様な値段で手に入りそうだ。

Dscf0668

川側からみたルクソール神殿。
ここまで見えると入る必要を感じない。

帰ったら西岸のツアーにチケット無しのがあることを知り、そっちに変更。
ムハメッドは嫌な顔してたけど、言わなかったお前が悪い。オーナーは行きたいとこだけ入場したほうがいいよと言っていた。ちなみにこのツアーは75LE
えらい差だな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。