元気んな町、サルバドール (05/13~19)

100_0167
セントロ北郊外、ボンフィン教会の柵に願いと共に無数に結び付けられたリボン。
ここサルバドールを代表する色だ。

リオから突然サルバドールに行くことになった。それは飛行機のチケットがプロモ価格で格安で手に入ったからだ。往復でという条件はあったが、一万円くらいで飛べるとあって、旅行者にすこぶる評判はいいものの遠くて行くつもりが無かったサルバドールへ行けることになった。かくしてバスより安い値段で一気にサルバドールへやって来た。

Dsc09354
飛行機から眺めるサルバドール。 ブラジル第3の都市だ。

 サルバドールは過去にブラジルの首都がおかれていた場所で、その後、リオ、ブラジリアと還都されていった。沢山の黒人奴隷がアフリカから連れて来られた場所という過去を持っているせいか、歩いている人のほとんどは黒人である。とはいっても実際は混血なのか、真っ黒な人ばかりではなく、肌の浅黒い人が多い。

世界遺産に登録された旧市街は、生きた遺跡とも言うべきか、過去にここにヨーロッパがあったかのような古い教会や町並みがそのまま残っていて今も使われている、その雰囲気はすばらしくこれを残している人々に敬意をはらってしまう。その旧市街では毎日のように太鼓などの音楽が鳴り響き、ちょっとしつこい人もいるが 遠くから「じゃぽーん」とかいいながら大手を広げてやってくる(恥ずかしい)ほど元気な人が多い町だ。

100_0153

100_0034
カラフルでハデ過ぎないおしゃれな色使いだ。

100_0056
旧市街の中心ジェスス広場。滞在中に何度かステージが組まれイベントが開かれた。

100_0053
鼓笛隊が町を練り歩く。

100_0050
つられて踊るおじさん。

100_0060
ラセルダ・エレベーターと海
このエレベーターは旧市街と下に広がる下町、ビジネス街をつなぐ。

100_0061
ソウザ広場とリオブランコ宮殿。

100_0062
そこらじゅうで昼間でも宴会だ。

100_0063
あちこちでカポエラのショウがやっている。どっちかと言うと彼らの銭稼ぎ大道芸みたいな感じなので大した事やってくれないし、しょぼい。ちゃんとしたのを見に行くのがよさそうだ。

100_0069
ジェスス広場の少し奥にあるサンフランシスコ教会。
この旧市街を代表する教会だ。

100_0102
中は金が使われていてすごい。ミサ中に訪れたのでこれ以上は入れなかったが、賛美歌とともに心地よい雰囲気が流れていた。手前のフザけた警備員はご愛嬌。いろいろ(ポル語で)話しかけてくれた。

100_0118
サンフランシスコの隣にあるオルデン・テルセイラ・ジ・サンフランシスコ教会(長い)
装飾が見事である。中は有料ではいることができ、礼拝堂以外に色々見ることができて結構広い。

100_0072
ペロウニーニョ広場は坂道になっている。ここも観光の中心の一つである。

100_0085

100_0087
上:豪華な屋台フード”アカラジェ” とそれを作る黒人の民族衣装を着たおばちゃん。(下)
揚げパンみたいなのはともかく、納豆みたいにねばるタレが旨かった。

100_0163
北郊外にあるボンフィン教会。

100_0174_2
教会のご利益で健康になった人々からの写真となぜかマネキンが奉納されている部屋がある。

100_0185
リボンを願い事と共に結んでご利益を請うという。このリボンの色使いはさまざまなお土産に使われていた。

100_0209
夜のペロウニーニョ広場。夜はカメラの持ち歩きは控えたほうが良いと言われたが、この町ではそもそも取られても良い予備カメラしか持ち歩いていない。しょぼいので特に夜景の撮影には苦労する。

100_0215
これもペロウニーニョ広場。坂道が続く美しい光景である。

100_0198
ペロウニーニョ広場とジェスス広場の間にはお土産並ぶ通りが沢山。

 旅行者の間では強盗にあっただのひったくりにあっただの治安が悪くて有名なサルバドールだが、観光客の多いメインの通りを歩いている限り問題はなさそう
だった。しかし、一見大丈夫そうでも、「そっちは行っては行けないよ」と注意を受けることも何度かあったので気をつける必要はありそうだ。

Dsc09373
サルバドール滞在に利用した通称「The Blue house」の屋上テラス。海と夕日の眺めがすばらしく、滞在に大きな花を添えてくれた。

Dsc09362
同じく屋上からの夜景もすばらしかった。
設備面など他のホステルに比べてちょっとしょぼく、客もほとんどいないが、このテラスには換えられないなにかの魅力があった。宿のおばちゃんとおばあちゃんもやさしい。

——————–情報コーナー—————————–
飛行機:リオ⇔サルバドール TAM航空 R$2xx(往復) プロモ価格

空港からセントロ バス R$3  1.5~3時間

宿: 民宿 Blue House ドミ R$25
     ネットPC有、有線LAN、ノラWifi有、空いていてほぼ個室、テラス最高
     水シャワー
  ※周辺に同価格で朝食、温水シャワーのホステル多数有り。僕はこのテラスに重点を置いた。

オルデン・テルセイラ・ジ・サンフランシスコ教会入場 R$3
ボンフィン教会のリボン 一束 R$1
市バスR$ 2.5~

※R$1(レアル)=約42円
————————————————————-

Dsc09367
the Blue house 屋上テラスからの素晴らしすぎる夕日。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。