黒海沿いをひた走る。(2014/12/09~14)

トラブゾン~サムソン 6日間(走行4日)
走行距離335㎞ (累計11021㎞)

Imgp8514
トラブゾンを後にする。友人のおかげで楽しむことができた。

Imgp8520
キャンプをしながらサムソンに向けて進む。

Imgp8528
トルコといえばお茶(チャイ)を飲んで休憩する人がたくさん。海が見えると実に優雅だ。なにか食べると何もいわずに無料でお茶を出してくれるところがほとんど。

Imgp8532
町には海沿いにベンチやピクニックエリアが多くてイイ。

Imgp8536
ビーチのレストランの横にキャンプを張らせてもらうのは良いアイデアだった。トイレも使わせてもらえるし。夕食もそこで食べられる。

Imgp8534
モスクの規模も大きくなってきた。どんどん新しいモスクが立っている。

ロープウェーがあって観光地らしい雰囲気のOrduから先は少し内陸を走った。
ゆるい峠が予想外で、峠のとても長いトンネルがかなり恐怖だった。トンネルはできるだけ避けたいと思った。

Imgp8547
マイナーだけど、ちょっとした観光地になっているUnye(ユンエ)の町で雨をやり過ごす為、数日のんびりした。
海沿いに公園が整備されていて、暖かいと気持ちいい散歩ができそう。

35TL/シングル。割引後30TL
部屋にシャワー付きだがトイレは共同。逆が良かった。。Wifi有。

Imgp8551
この辺の名物?なピデ(トルコ風ピザ)。シンプルな味。
食べやすいように切ってくれたのだが、原型を撮りたかった。

雨までに一日余裕があったのでちょっとお出かけ。

Imgp8609
Unye城

郊外7㎞位のところにある山の上の城。バスで行こうと思ったら、バス乗り場の近くでお茶を飲んでいたオジサンに連れてってもらうことになった。

Imgp8576
それがこのアルタンさん。お茶を飲んでいたのは奥さんのやっているレストランで、後でそこでごちそうになった。自身は運動場を経営しているのでそこにも 見てみてーって、連れていかれた。彼のなかなか豪華なマンションにも招待してくれた。
日本語を話す友達や自分の実家などにも紹介され、慌ただしいけど楽しい一日になった。

Imgp8569
お城の上まで登ろう。

Imgp8599
お墓のあとがいっぱいある。

Imgp8574
底なしの斜めアナ

Imgp8585
一番上にも登った。

Imgp8588
Unyeの町が良く見える。

Imgp8623
Unyeの休日。雨は上がった。出発だ。

Imgp8611
海岸にあるエルトゥールル号の追憶記念碑。

日本とトルコの友好関係を示す時によく持ち上げられる有名な話である。なぜこんなところに碑があるのかわからないが。

Unyeからサムスンは一部内陸を走る。フラットで快走だった。

Imgp8629_2
サムスンに到着。天気のいい休日なので沢山の人が海沿いを散歩していた。

Imgp8637
海沿いで最大の都市というだけあって人が多い。

適当に探した宿は偶然にもロンリープラネットに乗っている宿と同じだった。

50TL/シングル(朝食抜きで40にしてもらった)
トイレシャワー共同、Wifi有
綺麗だけど所詮安宿の雰囲気。あんまりコスパ高くない。

Imgp8640
休日だから店があまりやっていないけど、歩行者天国は結構元気だった。

この宿で韓国人サイクリストに出会う。
この先はアップダウンの激しくなる海岸線沿いを走るか、最短で大きく登るだけだから比較的楽だろうけどこの時期ちょっと寒いだろう内陸を走るか。。。の二択となる。

僕はまあ内陸かな。と思っていたけれど、韓国人彼もそうすることにしたので、明日一緒に出発することにした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。