イグルー泊で薬師岳(準備編)

・・・シリーズ全4回中1記事目
今回の記事は2019年のゴールデンウィークの山行計画について

待ちに待ったゴールデンウィーク。今回の山行はどこに行こうかとても迷った。
まだまだ冬山として扱うべきアルプスの山々は疲れるので、同じ疲れるならば、長期縦走を目論んでいた。いくつかある〇〇トレイルにを調べたりしたが、最終的には四国縦走に決めていた。装備を整え準備も出来てきたのであるが。。

天気が優れない。。。

天気予報を注意深く観察していたが、連休期間中は長く天気がもたない事が確定的となった。そこで、短期プランに急遽変更。そして結局アルプス、それも去年に実績があり、下調べが最小で済む黒部周辺に行くことになった。昨年は黒部五郎に登ったので、今度は薬師岳にも行きたくなったからだ。

今年は嗜好を変えてイグルーを作ってみたいと思った。最近気になっていて、作り方を調べておいたままだったからだ。
ゴールデンウィークでも雪が豊富なエリアの為、雪洞やイグルーには困らない場所だった。連泊プランなので拠点にもなる。

昨年と同じように岐阜県と富山県をつなぐ飛越トンネルの岐阜県側、飛越新道登山口から登り始め、北ノ股岳付近に泊まり、薬師岳を目指す。
二日目はイグルーを拠点に薬師岳をピストンし、できるだけのんびりしたい。

 (一日目) 飛越新道登山口→北ノ股岳
 (二日目) 北ノ俣岳→薬師岳→北ノ俣岳
 (三日目) 北ノ股岳→飛越新道登山口

3日間のGPS軌跡
(SUNNTO ANBIT3 PEAK使用)

2つのアイテムを新調

今回初使用のスコップ
モンベル コンパクトスノーショベル

今冬の白山山行の時に、力をかけすぎて折れてしまったア○ゾンで買った安物のスコップ。それの代替として購入。
もっと良いものは沢山あるが、これぐらいが最低限ではないかと考えて購入。耐久性は乞うご期待。

のこぎりも新調。
のこぎりを買ったのは、今回のチャレンジとして、イグルー泊をしてみようと思ったからだ。イグルーを建てるにはしっかりとしたブロックを切り出す必要があるだろう。

ヘタなスノーソーより、剪定用の鋸が良いとの話もあったので、というよりも、時間がなかったので、これはホームセンターで急遽購入。
人気なのはシルキーゴム太郎というものらしい。

今回はイグルーで泊まるテントを省略。意地でもイグルーを作らなければいけないプレッシャーはあるが、最悪は北ノ岐避難小屋があるので無謀ではないとの判断。

準備は上々。いざ次回

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です