アジャンタ遺跡を見つつ移動 (03/18 Thu)

今日はアウランガバードの宿を早朝にチェックアウトし、6:30amのローカルバスでアジャンタに向かいました。(80Rs)
バスには昨日エローラであったシンイチロウが偶然乗っていました。彼はアジャンタの後アーグラーに向かうようです。
相変わらず酷いバスで、ビョンビョン跳ねながら朝日を見つつアジャンタに到着。こんなに早くても立ちのりが出るくらいの混みよう。
どこでも人が多い国だ。意外に早く2時間ぐらいで到着。9時オープンに丁度いい時間だ。
よくわからん入域料7Rsを取られ、お土産屋ストリートで朝食と水を調達し、さらにシャトルバス(12Rs)で遺跡の入り口に到着。
ロッジと食堂がある場所でチケットを購入し、さらに荷物をクロークに預けました(5Rs/4h)。
そういえばインドの世界遺産系の入場料はどこも250Rsだ。

Dscf1633

アジャンターの遺跡はU字状の谷沿いの崖に沢山の石窟遺跡が残っています。
紀元前2世紀頃から仏教の修行の場として作られ始めたたそうです。かなり古い遺跡ですね。

中の構造は壁画が残り柱がある大きな広間と一番奥に仏陀像(大仏?)を祀る本尊がある形式でした。
全部で28位の石窟がありますが、第一窟に限らずどれも同じような構造です。

初っ端から最大の見所とウワサの第一窟を見物。
中は思ったほど広くなかったですが、細かな壁画(仏教画)が沢山残っていました。
壁には近づけないようになっていたのでしっかりとは見ることが出来ませんでしたが、様々な仏教画を壁一面に見ることが出来ました。

Dscf1648

第一窟内部

Dscf1654

天井もキレイだ。

続けて第二窟、第三窟と順番に見てゆきました。どれも同じような作りなので写真はどれがどれだか分からなくなってしまいました。

Dscf167319

19窟の入り口は凝っている。

Dscf16792x

マイナーな2x窟の本尊は意外と美しかった。

Dscf1683

キレイな柱の彫刻

Dscf1697

26窟の内部。チャイティヤ窟といい、仏塔がある。他にも幾つかこうゆう形式のがあったがここが一番すばらしかった。

Dscf1692

壁面には沢山の仏像?が掘り込まれていた。これは圧巻だ。

Dscf1699

最後に暑い中頑張って展望台に登り、遺跡を眺めて終了。

戻った後ロッジで昼食をとった時のコーラ(というかThumsUP)は最高だった。
アジャンタ見学後、次の目的地のサーンチに行く為に出来るだけ移動しようと、シャトルバスで国道に戻った後、走ってきたローカルバスを捕まえ、大きな駅があるジャルガオンに移動。
この町はやたらラッシーの露店が多い。アウランガバードはシェイク屋天国だったが、ココはラッシー天国だ。
ボーパール行きの列車に乗る為に切符を購入しましたが、コレは初めて乗るGS(いわゆる自由席)。夜行でそれはないだろ。
実際GS車両を見てみたらあふれんばかりの人で、とても座れそうも無い。
むりやりスリーパー(寝台)に乗り、請求されたら払う作戦でSL(スリーパー車両)に乗り込みました。
車内清算でなんとか寝る場所をGETしましたが、エアコンがないSLはマドがあきっぱなしでうるさいわ蚊がいるわであまり寝れなかった。

明日に続く。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。