プノンペンと虐殺 (01/05~01/07)

Dsc07542
ザ・アジアを彷彿させる町並み

プノンペンはカンボジアの首都。バンコク以来の大きい都市を久しぶりに見て久しぶりにウキウキ。とはいってもそれほど大きい都市ではなかった。中国語も多く、華人も多い印象を受けた。

Dsc07544
中央のセントラルーマーケット。中には生活用品を始めとする様々な小さい店が並んでいます。

Dsc07565
・・・・・。 こいつら生きてます。

Dsc07563
屋台も沢山あり、シェムリアップよりも経済的な滞在ができました。

 

Dsc07584
「キリング・フィールド」ポルポト政権時代に虐殺が行われた場所。多くの観光地と異なり、静かに、何かを考えながら歩いている観光客の姿が印象的だった。

Dsc07571
慰霊塔に収めれられている被害者の頭蓋骨

Dsc07611
「トゥルースレン」学校を拷問場所に使っていた場所。中は小さな小部屋に別れ、独房が作ってあった。拷問部屋もそのまま残してあったり、当時の写真や生き残った画家が書いた拷問の様子の絵など気味が悪いくらいに心打たれる内容だった。

Dsc07607
独房棟の内部

Dsc07602
拷問に使った拘束具が印象的だった。
キリング・フィールドと同時に観光した後は少し気分が落ち込むような気分になった。

 

Dsc07647
プノンペンの国立博物館。アンコール遺跡からの出土品の石像を中心に展示があった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。