メテオラ修道院巡り
カランバカ (12/05 Sat)

今日はメテオラの修道院を巡ってきました。
天気予報は雨でしたが、なんとか持ちそうな曇り空で、何回か小雨がぱらつく程度。今日は曇り時々雨といった所でした[E:coldsweats01]。
タクシーで一番遠くまで行って歩いて観光しながら戻ろうと思っていたのですが、昨日の経験から、町に行ってタクシー捜して・・・てやってるよりさっさと登ったほうが早いなと思って全工程歩きで行く事にしました。

Dscf7078

今回泊ったホテル
普通の部屋は知らんが格安部屋はイマイチ。

まずは昨日時間切れで入場できなかったアギア・トリアダ修道院に入場。2ユーロ。昨日のとこは要らなかったのにな[E:gawk]
大岩の上にどっかり乗っかっているので大きく見えましたが、思ったほど広くなく、教会とお土産屋さんと展望台がありました。

Dscf7082

修道院裏手から

Dscf7090

建物内部は撮影禁止ですが、教会の祭壇

Dscf7086

修道院の裏手からはカランバカの町が見下ろせます。

聖ステファノス修道院は昨日行ったのでパス。

ルサヌ修道院へ向います。
少し登ると車道に出ます。

Dscf7094

アギア・トリアダ修道院はとてもメテオラらしい光景です。

Dscf7098

ルサヌ修道院。道路から少し外れて岩に登ると眺めがいいです。

道路から少し外れて下るとルサヌ修道院に到着。
ココも2ユーロ。気になったのは僕の前後に入場した人はお金払ってないような。。。無視可能?

Dscf7104

庭園がきれい

Dscf7109

中はこじんまりしています。廊下と教会のみが見学できて終了。

次にヴァルラアム修道院に向います。

Dscf7113

 

ヴァルラアム修道院。これも道路から少し外れて岩に登ると眺めがいいです。
ココは結構大きな修道院です。受付に誰も居なかったのでココはタダ。よく分からん

Dscf7127

教会の内部はどこも同じ感じです。

Dscf7130

展望台から教会を見る。

Dscf7123

大メテオロン修道院がすぐ近くです。

大メテオロン修道院に向います。

Dscf7131

大メテオロン修道院近くから見たヴァルラアム修道院

やっとメインの大メテオロン修道院に到着。

Dscf7136

大メテオロン修道院全景

他はガラガラだったのに、ここには観光客がわりとたくさんいます。
ここも人によって入場料請求されたりされなかったり。知らん顔して入ろうとしましたが、払わされました。何?外国人からは金とるの?やな感じ[E:bearing]。
同じく気になって受付を観察する人ちらほら。
女性はスカート必須らしく、腰に巻くものを渡されてました。

内部はいくつかの博物館(食堂が改装されたらしい)、展望地、教会、納骨堂、などがありました。

気になったのは納骨堂。

Dscf7142

中を除くとたくさんの頭蓋骨(本物だと思う)が並んでいました。(写真とっても呪わないでね[E:sweat01])

Dscf7147

展望地からはトリカラの町がよく見渡せます。

Dscf7148

教会
教会内のとある絵にキスしている人がよくいます。信者じゃないのでよく分かりませんが。
天井や壁はカラフルな絵がびっしりでした。

博物館も充実していましたが、なぜか戦争についてのもの(軍服とか)が多かったです。

Dscf7167

昔はこんなんで人が上り下りしていたそうです。怖[E:sweat01]

見学後、大メテオロンとヴァルラアム修道院のあいだの山道から下山しました。

良い道って聞いてきたけど普通の登山道[E:annoy]。
車道に出た後は、アギオス・ニコラウス・アナパフサスをチラ見していきました。

Dscf7173

アギオス・ニコラウス・アナパフサス
こいつも岩と一体化するようにドカンと乗っかっています。

この後車道をひたすら歩いてトリカラの町経由でカランバカに戻りました。

Dscf7177

岩には穴をほって住んでいた跡がたくさん。

Dscf7165

最後に癒されて!。修道院にいたネコ
ギリシャホントに猫が多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。