カスピ海に向けて。(14/09/25~10/01)

マシュハド~ゴルガン 走行日7日(走行6日) 
走行距離597.46㎞ (累計8169㎞)

マシュハドからはテヘランに向かう道がイランを東西に横断するメインルートだが、これまでに会ったサイクリストの多くはこれをすすめない。距離は伸びるが一本北のルートを通ってカスピ海に出るルートの方が面白いというのだ。ということでこれを信じてカスピ海を目指す。
この記事ではカスピ海にほど近い町、ゴルガンまでの道のりを紹介する。

Imgp5167
再び砂漠へ。

Imgp5169
砂漠地帯に点在する遺跡のような廃墟の裏でキャンプ。イランではキャンプはあまりしなかった。道沿いに町が多いのもあるが、どちらかというと現地人に気を使って貰い、どこかしら安全な寝床を用意してもらう事が多いからだ。

Imgp5182
西部ではモスクはよき休憩スポット。

Imgp5186
モスクの庭でピクニックを楽しむ人たち。イラン人はピクニック好きでそこかしらで絨毯を広げてピクニック。

Imgp5190
乾物が多い町Faruj。サイクリストにはうれしい保存食。このへんはブドウが有名だったりする。

Imgp5198
荒涼とした山が見えてくる。

Imgp5200

Imgp5213

Imgp5216

Imgp5229
アップダウンが多くなり、その分景色も良くなる。比較的楽しめるルートだと思う。

Imgp5238
一泊お世話になったレッド・クリセント(交通事故のレスキュー部)のオフィスのみなさん。
拠点はそこらじゅうに見かけるし、簡易的な宿泊施設も備えていたし、この日もウェルカムな感じではあったけれど、部隊の目的からして積極的に「泊めてくださーい」とはいいづらい気がする。

Imgp5257
イラン人はキャンプも大好き。モスクを備えたこのドライブインでキャンプするといいよと聞いて来たら夜はこんな沢山のテント。夜はなかなか寝させてもらえなかった。とは言ってもお酒を飲めない国なので寝るのは早い。そしてお祈りの為か起きるのも早い。マシュハドに行く途中の人も多かった。

Imgp5258
トイレも水も豊富なドライブインでのキャンプは人目につくけれど快適だと知る。

Imgp5261
カスピ海沿岸地域に向けて下る。景色は突然変わる。緑と川。日本のような景色になった。今までずっと荒涼とした景色を見てきたせいか、改めて日本が緑の多い恵まれた場所なのだと実感。

Imgp5263
すれ違ったサイクリングチームのみなさん。イランは自転車が結構盛ん。マシュハドにもいい自転車店があるわけだ。タブリーズが本拠地らしい。

Imgp5266
平地へ。カスピ海は海。海抜0まで下る。

Imgp5294
ゴンバットにて。マシュハドで会ったラフィというガイドの兄弟であるシャフィさんを訪ねる。二人は30年前イランやヨーロッパを自転車旅した冒険兄弟だ。

Imgp5307
彼の自宅には自転車旅行当時の写真や遺物が大事そうに残っている。自転車も当時のをまだ使っている。

彼はWarmShower(カウチサーフィンのサイクリスト版のようなもの)のメンバーだ。ここで初めて使ってみた形になる。これをきっかけにカスピ海沿岸地方では特にWarmShowerを活用することになった。

Imgp5291
ゴンバットの巨大な塔

Imgp5281
中は空っぽでエコーが凄い。

Imgp5329_2
ゴンバットからゴルガンまで一日の距離。

Imgp5335
ゴルガン
では同じくWarmShowerのメンバーであるカウチサーフィンのホストもやっているシアバーシュ君の家に泊めてもらう。時を同じく居候していた二人のカウチサーファーと。

20141002_095414
ここで自転車を置かせてもらえる事になったので、バスでイスファハーンを目指す。手前の小さなリュックだけでつかの間のバックパッリユックサッカーだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。