サルタと二つの不思議な谷(04/16~18)

Dsc08733
サルタの町を闊歩する人々。

メンドーサからバスでひたすら北上。イチイチ移動距離が多くて疲れる。バス車内はこれまでと打って変わって色の黒い人が目立つ。そのほとんどの客はサルタ
以北に向かうバスに乗り換えていった。ボリビアにも近いこのあたりはボリビアにも近く、先住民族インディヘナの人たちを多く目にする。
 サルタの町は思ったより大きく、シエスタ(昼休憩)が終わる夕暮れになると沢山の人が歩いている。町や広場ではフォルクローレの演奏が聞こえたり、舞踏
会?が開かれていたり、そういうのも盛んなようだ。標高は1000mを越えているが、普通に昼は暑く夜は涼しくなる。着いてみると郊外に意外と観光名所が
多く、どこに行くかを悩んでしまった。

Dsc08743

Dsc08454
サルタの美しい教会群も見ものだ。

もともとこのあたりはウマワカ渓谷が有名で、それを見に来たので、僕が選んだのがそのウマワカ渓谷とカファジャテというこれも谷である。レンタカーなどで見に行くこともできるが、効率よく安全に現地ツアーを利用していくことにした。ツアー会社は充実しており、英語ガイドもちゃんといる。価格もアルゼンチンにしては比較的安い。


一日目はカファジャテに向かうツアーだ。

Dsc08519
渓谷というほど細くは無いがカラフルかつユニークな形状をした台地が続く。

Dsc08481

Dsc08506
大地の裂け目をあるいたりする。グネグネ曲がった岩が印象的だ。

Dsc08543
カジャファテの町ではワイナリーを訪れた。このあたりもワインの産地だって。

Dsc08563
カファジャテは静かな高原の町という雰囲気だった。

Dsc08561
レストランでの食事のメイン。羊のなんか。高いけれどまあまあおいしかった。

Dsc08581
枯れたサボテンがちらほらと。この乾燥したものは建物の屋根など建材として使われるようだ。

Dsc08588
カラフルな景色と奇岩の連続で飽きない一日だった。

次の日はウマワカ渓谷へ。

Dsc08603
フフイの行政庁舎。中を訪れることもできる。
フフイの町はサルタより少し北にある。小さな都市だ。ツアーを利用しない場合はここを拠点にするのもアリだ。

Dsc08613
カラフルな丘が見えてくるとプルママルカの村に到着。

Dsc08624
織物をメインのお土産として売っている。今日訪れる村々はインディヘナ(先住民)が暮らしている。

Dsc08635
サボテンで作ったベンチ。教会の屋根などにもサボテンが使われている。

Dsc08637
日干しレンガというか泥や草で作った家々が並ぶ。シンプルな家と背景のカラフルな山々のコントラストが面白い。

Dsc08655
赤道と南極の中間のラインの碑

Dsc08666
ウマワカの町に付くと食事。レストランで演奏を聞く。
メニューは昨日と同じく高い割りにあまりおいしいものではなかった。

Dsc08678
先住民の独立を表すウマワカの独立記念碑

Dsc08686
標高3000m近いウマワカの町。とはいっても日中、日差しは強く涼しくは感じられなかった。

Dsc08687
インディヘナのカラフルな織物が沢山売られている。

Dsc08692
広場に面する町役場の建物は独特の可愛い建物だ。

Dsc08713
ティルカラノプカラ遺跡。インカ時代の倉庫や家々。

Dsc08704
遺跡のある丘からの眺めは良い。ギザギザした山々。

Dsc08723
カラフルな山々があちらこちらに現れる。

カファジャテとウマワカ。どちらのツアーでも思ったことだが、町訪問や歩くのが必要なところは当然止まるが、絵葉書にあるような景色の美しい場所やユニークな岩などであまり停車してくれなかった。人数が集まればレンタカーで行ったほうが良いかもしれない。でもスケジュールがタイトなのも事実で、ガイドさんも親切で総合的には楽しいツアーだった。

——————–情報コーナー——————————-
バス:メンドーサ→サルタ Andesmar 480アルゼンチンペソ
※おそらく最大手。もっと北へ行く人で混んでた。2食メシ付き。

宿: Ferienhouse hoste ドミ 35アルゼンチンペソ
 ※アルゼンチン再安なのに普通にきれい。遅いWifi。朝食。
  セントロなので夜更かし組がいて寝ずらいかも。

カファジャテとウマワカ峡谷ツアー:2日間 300アルゼンチンペソ+昼食55ペソ/回
                ※夜はサルタに戻ってきます。
                ※昼食は拒否可

※1アルゼンチンペソ=約20円
—————————————————————

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。