タシケント~サマルカンド(2014/09/01~8)

7日間(走行日数3日)  走行距離 307.06km(累計6,755km)

Imgp4281
サマルカンドの中心。レギスタン広場にて。

中央アジアでもっとも名高い都市、サマルカンドに到着しました。中央アジア随一の観光地、トルクメニスタンビザが始まるまでの時間調整もかねてのんびりしています。

Imgp4202
タシケントでトルクメニスタンビザ申請後、数日の休養を取って出発。トルクメビザができるのを待っても良かったのかもしれない。

この区間は町や村が多い。人がいないキャンプ地が全くないわけではないが、タシケントからサマルカンドまでの二泊は両方ともガソリンスタンドにキャンプを張らせてもらった。

Imgp4210
つぶれたガソリンスタンドに宿泊。近くのメロン売りがメロンを持ってきてくれた。

Imgp4221

Imgp4222
二日目は峠のあたりで宿泊。この日は営業しているスタンドのうらで宿泊した。色々と気を使ってもらえて嬉しかった。

Imgp4226
道中メロンを良く貰えた。路上には町はなくともメロン売りは多い。

Imgp4216

ちょっと山がある地帯を超える。

Imgp4229_2
サマルカンドの町が見えてきた。

Imgp4283
そしてサマルカンド到着。レギスタン広場で記念撮影。

Imgp4286
割と定番宿になっている、「バハディール」を選択。

地図(GoogleMap)

個室トイレ朝食付き 12ドル(言い値15ドル)。 ドミ10ドルもあるけどトイレも館内共同のしかないし、あまり良くなさそう。

 

Imgp4318
朝日と共に観光を初めて昼間は昼寝をするのがサマルカンド観光の基本(!?)

Imgp4355
シャーヒズィンダのお墓
通路沿いに豪華なお墓が並んでいる。地元の人は普通に行き来していた。

Imgp4370
殆どは地味な内装のお墓だったが、一つだけ綺麗な内装のお墓があった。

Imgp4449
墓地とは離れて堂々と立っているグリ・アミール。

Imgp4418_3
ティムールやその息子たちが葬られている。
タージマハルと同じ感じのデザイン。これに限らず、人の顔とか単語とか、インドの影響や共通点が見られる。

Imgp4370_2

Imgp4428
内装も青を基調とし金を使ったとても美しいものだった。

 

Imgp4395
シヤブ・バザール
地元バザール。観光エリアのど真ん中にあるからか英語が比較的通じるし、高い気がした。

Imgp4252
町に入る時から良く見えた大きな。ビビハニム・モスク。なかというか中庭は特に見るものがない。

Imgp4275
そしてサマルカンドを代表する建築であるレギスタン広場の建築群。

Imgp4505
左右の建物は真ん中に広場があってお土産屋がいっぱいあるだけ。

Imgp4569_2
中央の建物の内部は綺麗に装飾されている。

Imgp4300

Imgp4305
レギスタン広場の夜は奇怪なカラーのライトショーが見られる。

宿以外、物価が高いこの町。昔の建物が残してあるエリア重要建築を除いて綺麗に作り変えてしまっていて、町歩きはべつに楽しくない。けっこう暇だったが、それでものんびりと過ごし、ブハラに向かう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。