黒海へ。ジョージア後半 (2014/12/02~03)

クタイシ~バトゥミ 2日間(走行2日)
走行距離147.11㎞ (累計10475㎞)

Imgp8203
黒海に到達。。

クタイシからも下り基調。アップダウンも少なく、ゆるい下りが続くので距離を稼げる。
キャンプ地を探そうとする頃、右手にカフカス山脈が見えた。そこから黒海はすぐだった。
Imgp8160
カフカスよ。また。

Imgp8165
黒海にぶち当たり、海岸線沿いを走る。標高0からの雪山。黒海沿岸を走り始めて徐々に暗くなってきた。適当なビーチリゾートで宿を探すもシーズンオフでやっていない。

Imgp8177_2
まあいいや。ビーチの海浮き輪貸出所みたいなところでキャンプしよ。と思って訪ねたホテルの人が作業員部屋みたいな所を使わせてくれた。水タンクの下でなぜか湿気がひどかったけれど、少なくともテントはぬれずに済んだ。

Imgp8187
Imgp8166

20141202_202659
旦那さんは部屋を用意してくれ、奥さんは優しく食事を出してくれた。息子さんも僕に興味を持って色々と仲良くしてくれた。夜は工事をしていた人現れ、ジョージアらしく、ホームメイドワインも頂いた(ジョッキででてきた。。)

Imgp8167
朝のビーチリゾート。建築改装中のホテルが多く、夏は遠い国からもお客さんが来るらしい。

Imgp8180
ビーチ越しに遠くカフカス山脈が見える。

Imgp8224
そしてバトゥミに向かう。バツミに近づくと、峠とも呼べるアップダウンが2回あった。
振り返るとカフカス山脈や昨晩のビーチが遠くに見える。

Imgp8231
峠の途中にあるペトラ城塞

Imgp8239
峠を下るとバトゥミの町が見えてきた。 お。上海!?と思ったほど想像より都市っぽかった。

Imgp8240
天気が良くなってきた。黒海という名前に反して割と綺麗な色の海だ。

Imgp8254
繁華街の端っこに安宿らしきものが固まったいたのでそこに宿をとった。

Hotel Iliko (クリックで地図)

20141204_111128

30ラリ/個室バスルーム付

WIFiあり。たぶんもっと安い部屋もあるけどお金が余っているし、まあいいやと思って特に聞かなかった。

天気が良くなったので散策。海岸線をぐるっと歩ける。中途半端なサイクリングロードもある。

Imgp8266
バトゥミの面白高層ビルたち。中央は灯台。

Imgp8274
灯台とアルファベットタワー。アルファベットタワーは中心にエレベーターついているけれど特に動いていなかった。

Imgp8322
観覧車内臓ビル。近くまで行ったら空きビルだった。

Imgp8280
海岸線沿いの散歩が気持ち良い都市。

Imgp8286
久々のきれいな太陽の光。。

Imgp8296
なんか歴史のあるらしい通り。

Imgp8300
劇場。と金ぴか銅像。その周りのぼろアパートはなんだかね。

Imgp8304
からくり時計時計がついた建物。
港のある貿易都市らしく、建物が海外の影響を受けているのかとても洗練されていて歩いていて楽しいし、綺麗だとも思う。

Imgp8309
久々のきれいな夕日。

20141203_200954
ジョージアのレストランで良く見たけど始めて注文するAdjarian風のカチャプリ。伝統的な郷土料理の一つ。パンとチーズと卵。美味しいけれど一回食べたら十分かな。

Imgp8320
ホテルに戻ったらなぜかいやらしいライトアップに。

そして、次の日はコーカサスを抜け、トルコに入る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。