アルメニア突入。冬の始まり。(2014/10/31~11/05)

イラン国境~カパン 6日間(走行3日) 走行距離82㎞ (累計9,460㎞) 美しく過酷な国へ。 越境地点に向かう国境線沿いはアップダウンが多い。 越境地点の Norduz は町ではなく、イミグレーションなどの建物しかない。両替所やレストランもあるので最後に残金を調節することは容易だった。そして入出…

内容を読む

天空の城、そしてイラン旅の終わり。(2014/10/28~10/31)

カレイバー~イラン国境 4日間(走行2日) 走行距離133㎞ (累計9378㎞) 異国情緒を演出してくれたペルシャ文字ともお別れ。イラン・アゼルバイジャン国境付近の廃墟にて。 氷の峠を超えてたどり着いたカレイバーの町。ホテルの部屋から。 イランでホテルに泊まったことは少ないが、ここのオーナは微妙に英…

内容を読む

イラン西部高原地帯の景色と人々(2014/10/24~10/27)

アルダビル~カレイバー 4日間(走行4日) 走行距離238.2㎞ (累計9245㎞) アルダビルを出発する。しばらくはこのサバラン山を反時計回りに左手に見ながら走る。 砂漠地帯をしばらく走った後、また緑が見える区間がしばらく続くが、、、 徐々に景色は低い草が生えるだけの景色へと変わってくる。 道路脇…

内容を読む

アルダビルと温泉地 (2014/10/24~25)

イラン西部の高原地帯の端っこ位置するアルダビル。背後にイラン第二の標高を誇るサバラン山(4811m)が構える美しい景観の都市。 ここでは、先日お世話になったアジムさんの友人宅を紹介してもらった。アリレッザとルームメイトのオミド。カウチサーフィンのホストもやっているみたいで、英語も堪能だ。 アルダビル…

内容を読む

カスピ海沿岸から西部高原地帯へ(2014/10/09~10/23)

ゴルガン~アルダビル 14日間(走行10日) 走行距離837.14㎞ (累計9006㎞) ついにカスピ海を目にした。 ゴルガンからカスピ海はすぐ。沿岸の道路を走るが、南岸は常に町続きで気持ちの良いサイクリングとは言えない。たまに海がちらりちらりと見える程度。この区間ではWarmShowerを活用し、…

内容を読む

テヘラン。首都(2014/10/05~07)

タワーから望む幹線道路。車やバイクの量は多く、渋滞はかなりひどい。 イスファハーンから昼間バスで7時間。強い風が吹く荒野をバスは走る。自転車では走りたくないなぁと思った。15,000リアルなんかバスがオーバーブッキングしていたのか、運転手の横の助手席に座ることになった。 テヘランは、ビザの延長が州都…

内容を読む

イスファハーン。美しき観光地。(2014/10/03~04)

夜行バスで到着した後の朝日輝くエマーム広場とモスク カスピ海沿岸の町、ゴルガンに自転車を置いて小旅行。夜行バスに乗ってイラン屈指の観光地、イスファハーンにやってきた。バスは朝の3時に着いて町まで4㎞程度歩いて日の出を待つハメになる。久々のバスはちょっと疲れた。ゴルガン~イスファハーン 所要14時間 …

内容を読む

カスピ海に向けて。(14/09/25~10/01)

マシュハド~ゴルガン 走行日7日(走行6日) 走行距離597.46㎞ (累計8169㎞) マシュハドからはテヘランに向かう道がイランを東西に横断するメインルートだが、これまでに会ったサイクリストの多くはこれをすすめない。距離は伸びるが一本北のルートを通ってカスピ海に出るルートの方が面白いというのだ。…

内容を読む

トルクメニスタンを抜け、イランへ。(2014/09/15~21)

ブハラ~トルクメニスタン~マシュハド(イラン) 走行距離547.19㎞ (累計7,572㎞) トルクメニスタンのある家で。一泊寝させてもらった家に村中の子がやってきた。女の子ばっかり。 ウズベキスタン最後はこんなところでキャンプ。最後の町(Olot)を超えたら車はめっきり少なくなった。そして砂漠らし…

内容を読む

聖地マシュハド。宗教の力。(14/09/21~24)

豪華絢爛な建物と大勢の信者。聖地らしき風格たっぷりのハラーム。そこにいるだけで力を感じる。 マシュハドの主な見どころはハラーム・エマーム・レザー(以下ハラーム)。イランの中でもとても重要なイスラム教の巡礼地。 観光地としては今一つなのか、観光客や、信仰が浅いイラン人たちからの評価は低い。しかし、僕に…

内容を読む